『トーラムオンライン』プレイ感想:いい意味で”スマホらしくない”MMO

-記事をシェアする-

数々のスマホMMOを運営している、アソビモより配信されている大ヒットMMORPGである”トーラムオンライン”の最新版を一通りプレイしましたので、そのレビューです。

本作は過去に一度プレイしたことがありましたが、詳細なレビューは掲載したことがありませんでした。今回は最新版を改めてインストールしたプレイレポートです。

スポンサーリンク

800億通りのキャラ作成を見よ!

序盤のデータインストールはほぼ不要。一応パッチ当て画面になりますが、10秒も待てば画面転移、キャラクター名編集に移ります。(キャラ作成後にデータダウンロードがあります。)また背景を確認すると、良質なグラフィックであることがわかります。

名前を入力するとキャラクター編集画面へ転移します。性別、肌色、身長を選択します。肌色は15種の中から選べる贅沢仕様。豊富なパターンを試せます。

身長は3種から選択可能。”SAOIF”のように細かく指定できるとなお良かったのですが…。選べるだけ良しと考えて次へ進みましょう。

11種の表情、5種の瞳、16種の目カラーを選択可能。項目ごとに順番に決めるようにできているのでかなりわかりやすい仕様です。目にカラーも豊富、表情も豊富なのでキャラクターの個性はバッチリ出せます。

次の項目は髪型編集全般。53種の前髪、50種の後ろ髪、30種の尻尾髪、52種の髪色とワケがわからなくなるぐらいの膨大な選択肢から選べます。多すぎて逆に決まらないやつ…。

というか、前回インストール時より確実に増えてますねこれ…。明らかに多いです。”800億通りのキャラ作成”と謳っている意味がわかりました。3つの場所の髪型を自在に組み合わせることができます。

次は武器選択画面です。剣、弓、杖、拳、槍、刀を選択することができます。これらの武器はゲーム内で変更可能であり、今選択した装備をずっと保たないといけないワケではないので安心です。

いろいろと試して自分に向いている装備を見つければ良いでしょう。今回は”拳”で冒険してみます。全ての項目を決定後、追加データがダウンロードされます。

チュートリアルは丁寧親切!

データダウンロードが終わるとゲームスタート。中々のグラフィックで世界が再現されています。プレイヤーはz道に迷った冒険者として迎えられるようです。時間をかけて作った自キャラが表示されるのは嬉しいですね。

トーラムオンラインは360度グリグリ回せる系のカメラシステムになっており、拡大縮小はもちろん、空を眺めたり、上から見下ろすアングルにしたりと自由自在。この辺りはリネレボ2には無い利点です。

フィールド上では左スティックでキャラ移動、右スティックでカメラ操作が行なえます。UIも分かりやすくてGOOD。

戦闘のチュートリアルへ。システムは非常にシンプルで、基本的にはターゲットを選択するのみ。そのままでも自動で攻撃してくれますが、任意でスキル発動をすることも可能です。

今回は拳なので若干エフェクトが地味ですが…。単純明快でノンストレスでした。

チュートリアルボス戦へ。基本的には相方がめっちゃ強いので負けません。また、ボス手前に戦うかの確認メッセージもでるので、気がついたら負けているということもありません。全体的にシステム面が丁寧な作りです。

なお、ボス戦に挑むようなパーティは4人で編成できるようです。他MMOよりはちょっと少なめですね。

その後、ドラゴン襲撃イベントが発生し、無事脱出することでチュートリアルは終了です。ついでに”ボス戦は逃げることができる”と説明されます。

メインストーリーやステ振り:自由自在だぞ

チュートリアルが終了し、始まりの街に召喚されました。他のスマホMMOと違って殺伐としたオープニングや手に汗握る展開は無いのですが、そこが穏やかでとても良く感じます。

サービス開始から時間がたった現在でもログインユーザーは結構いる模様。チャットも豊富に行われているようです。

クエスト中も目標物の方向に矢印が表示されるので迷うこともなし。初心者にもわかりやすい構成です。しばらくメインのクエストをこなします。イベント戦闘なども豊富にあるようです。

お次はステータスポイントの割り振りについて。ボスキャラが丁寧に教えてくれました。STR、INT、VIT、AGI、DEXというマビノギっぽいステータス値を自由に強化することができます。

STRで力、DEXで器用さなど、戦闘を有利に進めるステータスを重点的に強化しましょう。完全に自由強化になっているゲームはかなり珍しいです。レベルアップでステータス割り振りポイントが貰えるようです。

初のソロボス戦。ボスの強攻撃時には赤い範囲マークが表示されるので、避けながら戦うことになります。ただ殴るだけじゃないのが面白い。放置プレイではダメージを受けすぎます。

お次は遺跡に侵入。ゴーレムを討伐します。一見個別ダンジョンに見えますが、こちらも共有フィールドのようです。それにしてもイベントが多い。

NPCとのやりとりも非常に丁寧に描かれているし、ただの2D挿絵会話ではないのも好印象。3Dのキャラクターがしっかり動いて喋ってくれます。

神殿にて、プレイヤーキャラが記憶喪失だということが判明。世界のルーツについて教えてもらいます。何百年も平和だったが、最近世界中で怪しい動きがあるとのこと。MMOらしくなってきました。

ここに来てようやくオープンフィールドっぽい平野にでました。広大な大地が続いています。この後もキャンプ地イベントなどが続きました。

総評:全体的にクオリティが安定しているスマホゲー

チュートリアル→その後を軽くプレイしてみましたが、トーラムオンラインはPCMMOを知っているユーザーが最も馴染みやすいゲームだと感じました。ステ振りなど自由度が高いし、自動過ぎないシステムも高ポイントです。

クエスト自動移動などは付いていないので、本来のMMOらしいお使いが味わえます。これについてはスマホではマイナスポイントだという意見も多いですが、完全に自動で達成できてしまうシステムは飽きを加速させてしまいます。

他のカメラシステム、戦闘なども考えてもトーラムはMMOらしいMMOと言えます。良くも悪くも”スマホMMO”らしくない。自分で考えてプレイする楽しみがしっかりあります。

アプリストア評価もMMO中でトップクラスですし、まだまだサービス終了するようには見えません。是非一度、プレイしてみては如何でしょうか。

MMOに関連する記事

スマホ向けMMORPGである『ロードオブロイヤルブラッド』を一通りプレイしましたので、そのプレイ感想(レビュー)です。本作は2018年後期の最新グラフィックスで表現されたオープンなワールドを自由に駆け巡れる、オールラウンドな作品となります。
スポンサーリンク

-記事をシェアする-

-SNS・チャンネルをフォローする-

関連する記事