『イカロスM』プレイレビュー:モンスターテイムが最高に楽しい新作MMO

-記事をシェアする-

2月21日より配信開始となった『イカロスモバイル』をミッチリプレイしてみたので、そのプレイレビューをお届けします。なんだか2月は新作MMOラッシュが凄いですね…。

本作は通常の騎乗に加えて飛行騎乗が実装されており、フェローと呼ばれる使い魔に乗って空を飛ぶことができます。さらにフィールドのモンスターも自由にテイム可能。

まさにPC版本家『イカロス』のシステムを引き継いでいる印象。それでは詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

職業とキャラメイクは平凡な印象

1.9GBのシステムダウンロードを終えると直ぐにクラス選択へと移行します。クラス(職業)は5種類から選択可能のようであり、グラディエーター、レンジャー、アサシン、ウィザード、アーティストから選ぶことができます。

簡単な操作難易度の説明は左下にありますが、どのクラスがどのような戦い方をするのか、どのような役割を持っているのかなどの説明は詳しく掲載されていません。とりあえずプレイしてみろ、ということでしょうか。

なお、この時点で感じるのですがグラフィックはかなり良いです。さすが最新作。エフェクトも丁寧、声もフルボイスです。職業の説明は無いのにCV表記はしっかりあります。笑

クラスを選択するとキャラメイク画面に移ります。キャラメイクは選んだクラスの固定容姿をベースにちょろっと弄ることができるような感じ。8種のフェイスプリセットから選択すると楽に好みの見た目を探せます。

自分でカスタムする場合は8つの顔の形、8つのヘアスタイルから自由に組合すことが可能です。それに加えて目や眉、頭髪などの色も自由に設定できます。

キャラメイクの充実度は平凡というか、2019年の新作なら最低これぐらいは欲しいなというラインでしょうか。最低限な印象です。決して幅広くはないです。

今回はレンジャーを選択。レンジャーは最も戦闘操作難易度が簡単らしいです。容姿設定は上記のようにしてみました。髪色を変えると自分のオリジナル感が出ますね。

システム面は快適、空も飛べる

ゲーム開始直後、いきなり空を飛びます。もうびっくり。テンション爆上がりです。しかし軌道はある程度固定されているようで、完全に自由に昇降などはできない模様。あくまで”空を移動”といった感じでした。

しかも初めはオートモードに設定されているので飛んでいる状態を眺めるだけになってしまいます。オートを解除することで自分の操縦で空を飛ぶことが出来ました。

ストーリーに関わるNPCはフルボイスです。めっちゃ日本語で喋ります。イベントシーンはもちろん、クエスト中もボイス付きで応援してくれたり、次の指示をしてくれたりします。めっちゃ丁寧…。

その他会話自動スキップ機能やクエスト自動進行などシステム面は非常にサクサクな印象を受けました。

また、本作には長めのチュートリアル終了後に勢力選択があり、太陽か月のどちらかの勢力に属すことになります。この勢力選択によって所属できるギルドに制限がかかるので注意してください。友達とプレイする場合は同じ勢力を選択しましょう。

フェローシステム:テイム機能が楽しい!

さて、皆が気になっているフェローシステムの話です。基本的にはフェローは持ち札というか装備して使うような扱いです。3体のフェローが装備可能であり3枠それぞれに役割が違います。

1つ目は戦闘用。常に横に歩いて移動してくれる頼もしい存在。地上戦闘時は一緒に戦ってくれます。他のモードに比べて若干サイズが小さくなるようです。

2つ目は騎乗移動用。装備することで移動用の騎乗フェローとして活躍してくれます。よくある騎乗ペットシステムですね。

3つ目は滑空用。文字通り空を飛ぶために使うフェローをセットします。ここにセットすることで飛行時にかなり大きな姿で召喚されることになります。上空戦闘用としても活躍してくれます。

フェローすべてが3つの装着に対応しているわけではなく戦闘用でしか装備できないフェローなども存在するようです。なお、どのフェローも装備することでキャラクターの戦闘力が上がります。

さらにチュートリアル後半で交感(テイム)が使えるようになります。ゲージバーを指定された枠内で止めるミニゲームをクリアすることでテイム成功となります。捕獲レア度によってバーの難易度などが変わる模様。

イベントで発生する交感もありますし、その辺にいるモンスターをテイムすることも自由にできます。近づいてターゲティングすると左下に小さく交感ボタン(水色)が表示されるのでタップすることでミニゲームに移行します。

戦闘はオート推奨か?手動がクソムズイ

戦闘に関してはオートでサクサク簡単手軽にプレイできる反面、手動にするとスキル発動や回避が難しくなり途端に鬼畜ゲーと化す温度差の激しいゲームです。せめて間は無かったのか…。

オート状態ではスキルコンボやチャージなどすべて自動で最適に行ってくれるので強いスキルもバンバン撃てるのですが、手動にするとスマホ操作が玄人レベルでありシビアなコンボは難しい印象です。キーボードとマウスが欲しくなる。

エフェクトや各種演出はド派手にできており大変楽しいです。ゆっくり眺めることも考えるとオートモードが推奨されているのかもしれません。

なおカメラワークは自由に設定することができ固定でもフリーでも楽しむことが出来ます。グリグリ回せるのでスクリーンショット撮影時は有り難いです。

リセマラは即時!何度でも!めっちゃ簡単

イカロスモバイルは開始5分程度で直ぐにガチャが引けるようになります。フェローガチャと装備ガチャがあり、それぞれ一回360円(石120個)程度です。諸々のプレゼントを開封すると1000個程度の課金石&ゴールドガチャ11個がプレゼントされるので19回は回せそうです。

課金石ガチャでの伝説装備排出率は4.56%程度、伝説フェローは2.20%程度ですので、確率はちょっと低めですがこのゲームはキャラ削除だけでリセマラ可能です。

その結果、3分程度で周回することができるので好きな装備&フェローを引き当ててゲームを開始したほうが良いと言えるでしょう。リセマラ頑張ろう…!

やりこみ要素はスマホ界でトップクラス

本作はやりこみ要素が大変充実しています。フェロー強化、進化、キャラ強化、武器合成などはもちろんのことスキルレベル解放やスロット装備、及びそれに付随する連携コンボなどもあります。

クエスト一つに関しても、メイン、サブ、エリア、精鋭、デイリー、騎士団任務と数えきれないレベルのクエストが用意されており、「やることが無くなったから寝よう」なんてプレイスタイルができません…。無限にやることはあります。

目標達成系のクエストも別に用意されており、図鑑収集や業績、称号機能まで実装済み。凝りだしたらキリがありません。アイテムを受け取るたびに「アイテム◯個取得達成」なんていうクエストが完了しますからね…。

特に図鑑に関してはフェロー一匹から装備一個まで収集記録が残り、それを埋めるたびに課金石が一個貰えるので新着マークは一生つきっぱなしだと思ったほうが良いです。毎回報酬を受け取っているのは時間の無駄です。

といったようにやばいレベルでやりこみ要素があります。ある意味で”めちゃくちゃソロプレイに向いている”かもしれません。もちろん、”ワールドレイドイベント”などもあります。

イカロスMは最高峰の”ペットゲー”

イカロスモバイルはフェローと共に戦うことをメインとした”ペットゲー”と言えるでしょう。キャラクターと同等かそれ以上にフェローに力が入っているゲームです。

デティールもメッチャ細かいし、乗るときや戦う時にはちゃんとサイズが変わるし、かなり丁寧に作られている印象を受けました。手動でフェローのスキル発動も行えます。

テイムシステムというスマホでは中々本格実装されなかったシステムを取り入れたのは素直に凄い。そのまま召喚できるし、乗ることもできてしまう…。

空中戦闘システムなど新作ならではの迫力や圧倒的なグラフィックを感じる場面も多々ありました。間違いなく今季一番の話題作となるでしょう。オススメです。

アプリをダウンロード
イカロスM
平均評価:★★★★☆(4.2)
スポンサーリンク

-記事をシェアする-

-SNS・チャンネルをフォローする-

この記事のライター

タカハシヤマダ
→Twitter
ENDSTART編集部メインライター。得意記事は中華ガジェット、PCハードウェア&自作相談、VR全般、スマートフォン、MMOゲームなど。
関連する記事一覧