Luna M(モバイル)プレイ感想|古めかしさが逆に良いRPG

-記事をシェアする-

3月28日よりスマホ向けに配信されているゲームである『LunaM』をサクッとプレイしたので、そのレビューです。元々PCゲームとして配信されていた『Luna ONLINE』のスマホ版という位置づけです。(前作をプレイしていなくても特に問題ありません)

本作はトゥーンレンダリング調で表現された、何処か懐かしさを感じるアニメーションチックな世界観が魅力的なRPGとなっています。

ダウンロードはこちらからどうぞ【iPhone&Android共通】

スポンサーリンク

職業は3種から選べる(後から変更可能)

職業は魔道士、戦士、刺客から選択可能。(刺客はアサシン的な位置づけ?)どれでも男女の性別を選択可能で、顔、髪型などが変更できます。決して細かいキャラメイクが出来るわけではなく、簡易的な調整のみです。

キャラクターのグラフィック感は『ラグナロクオンライン』のキャラを3Dタッチにしたような印象。等身は低く、可愛らしい雰囲気です。解像度自体はかなり高めで綺麗です。

左ウィンドウには簡易的な解説が乗っています。若干翻訳が怪しいのが笑いを誘いますが、気にせず続行。名前はランダムで自動入力されています。(もちろん自分で設定することも可能。)

チュートリアル編は追加ダウンロードなしでプレイ可能

特にイベントやムービーが流れるわけでもなく、チュートリアルへ飛びます。ガイドの妖精?が日本語で喋ってくれたので一安心しました。移動は地面をタップする形式のみが採用されているみたいです。今どき珍しい…。相変わらずグラは綺麗です。

戦闘もチュートリアルで教えてもらえます。火炎術など特殊なスキルも一通りあるようです。タップした後にマップをスワイプすることで任意の場所に範囲攻撃ができる模様。MO/MMOでは地味に珍しいシステム。

一通りチュートリアル&ボス戦が終わったらデータダウンロードが始まります。プレイした段階では300mbぐらいでした。近年の大型ゲームと比べるとかなり軽量です。

意外にもアクション性高めの戦闘

チュートリアルが終わるといきなりゲームが開始されます。謎翻訳の日本語にも慣れてきました。服装なども初期装備に変更されています。フリー素材っぽい歓声風BGMが耳障りで気になる…。

序盤はクエスト受注→ダンジョン攻略などを繰り返しながら、やりこみ要素を開放していく遊び方になるようです。装備変更や装備強化、次元召喚(ガチャ)などが次々に開放されます。

次元召喚で入手した傭兵などは、雇うことで戦闘で共に戦ってくれるパートナーとなるようです。よくあるシステムですね。素材を集めると強化などもできる模様。

更に、戦闘中にマップをダブルタップで『回避アクション』が行えるとの解説が。これが結構楽しかったりします。オートモード中でも回避アクションは行えるようです。予想外にアクション性もあって楽しくなってきました。

アビリティ&”覚醒”スキルが楽しい

ここにきて職業が開放されました。はじめは自分が選択した職業、スキルしか使えないようですが、レベルアップで他の職業のアンロックやスキルの追加開放が行えるようです。最終的には全部使えるようになる模様。

今まで使っていた武器も魔道士用に変わり、スキルも一新されました。魔道士は遠距離攻撃に特化しているようです。ローリングで回避しつつ離れ気味で戦うと安全かもしれません。

更にストーリーを進めると、覚醒変身スキルが使えるように。一定回数攻撃などを繰り返していると、覚醒ボタンが出現し女神っぽい見た目に変身します。女神モードでは強力な全体攻撃ができるようになります。

また、レベル10になると騎乗ペットが入手可能になります。ペットによってはレンタルで入手できる方法と永久に所持できるものがあるようです。ペットを起動(騎乗とは別)することで各種ステータスバフが受けられます。

闘技場や釣りコンテンツも搭載されている

ストーリーが第2章に突入すると、闘技場が開放されます。闘技場では自分と同じレベルのプレイヤーAIと戦うことができるようです。勝つことで報酬が入手できます。ランキング上位には特典もある模様。

試しに一回戦ってみましたが、オートモードでも勝てました。(ランクが上がるにつれ難しくなるのでしょうが…)ランキングの確認でも可能であり、上位者の名前、装備など詳細も確認可能です。課金最強装備の参考にできそう。

また、イベント項目一覧で『釣り』なども確認できました。レベル制限があるようですが、このような生産型コンテンツも多数搭載しているようです。

ボスラッシュとも言える『エリートダンジョン』もこの辺りで開放。ノーマルダンジョンとは別枠で強化されたボスと戦うことが出来るようです。よくある使い回しですが、コンテンツ量多いですね…。

総評:古めかしさが逆に良いアクションゲー

序盤こそ『翻訳も怪しいし、職業も少ないし大丈夫か…?』と不安を感じていましたが、いざ暫くプレイしてみると、意外とアクション性も高く『毒の沼、針山、バリケード』など地形変化も豊富で、自動だけでは上手くいかない場面もあり楽しくプレイできました。

育成要素もかなり詰め込んであり、キャラクターの育成+傭兵の育成があるのでやりこみ度は結構高い印象。傭兵はガチャをはじめログインボーナスでも入手できます。

またダンジョン攻略、釣りなどの生産コンテンツも含めると『ゲーム内で出来ること』は非常に豊富であり、使い回しの部分も考えると一日中プレイできそうなボリュームです。

グラフィックはスクショの画像を見ると数年前のクオリティに感じてしまいますが、実際にプレイするとそれなりに綺麗です。グラフィック面の印象はインストール前よりかなり良い。

一つ気になった点といえば、戦闘時に血の演出があることでしょうか。これだけ可愛いグラフィックにブラッドな表現は似合いません…。海外勢との表現感覚の違いでしょうか。

インストール総数も少なく、あまり有名ではないタイトルですが日本語で話しかけてくれるユーザーもいましたので一定数オン状態のプレイヤーはいるようです。懐かし系のアクションRPGを求めている方にはマッチすると思います。

開発元:ENJOY GAME
価格:無料
平均評価:4.0(合計277件)
ダウンロード:5000回以上
(2018年4月3日時点)
googleplayappstore

RPGに関連する記事

X-LEGEND GAMESの最新作MMORPGである『暁のエピカ Union Brave』のプレイレビューです。こちらはスマホ向けに開発されたナンバリングなどがない新規の作品となります。雰囲気、システムは同社のリンクオブハーツに近いです。
スポンサーリンク

-記事をシェアする-

-SNS・チャンネルをフォローする-

関連する記事