ブログで成功するには◯◯を耐えろ!:反骨精神と時間の話

-記事をシェアする-

ある日、同業者の友人と飲んでいるときに”時間”と”自由”と”金”の話になりました。アフィなどを始めようとしている人で、成功しやすい人と、しにくい人の差はどういうものなのか、そんな話になったのです。

時間があって、金があって、自由があって。そんな夢は誰もが考えること。このときの話の内容がなかなか『ほほーん』となる内容だったので、纏めてみました。

※このブログではあまり”金”を主題とした話はしないと決めていたのですが、今回はネタ切れ&風邪でダウン中なので、”ブログ術”カテゴリとして書いてみました。

スポンサーリンク

成功するヤツ、しないヤツの違い

「自由なりたい、時間が欲しい、そして手軽に金を稼ぎたい、だからブログはじめた。こんなやつはまず成功しない。何でかわかるか?」そう友人は切り出しました。

わりとイキナリな会話だったのですが、これもブロガーやサイト運営社間ではよくあることです。笑

筆者はこう答えました。「そもそも、好きなことに全力で打ち込むための”ブログ”ツールであって、楽に稼ぐ”手段”ではない、金は後からついてくるもの、目標そのものではない」と。

※この考えに関しては当ブログで2年半に渡って書いてきた『ブログアクセスアップ』]関連記事でもずっと言っていることです。好きで熱中できること、誰にも負けない強い想いがあることが大事だと。良かったら知識の片隅にどうぞ。

しかし、友人からすると、筆者の回答は”少し違う”そうです。「好きとか、嫌いじゃなくて、単純に金稼ぎとして成功するかしないかで考えての話だよ」と。

成功するには、バネの伸縮具合が大事?

「でもそれは結局、金稼ぐセンス=特化した知識や技術+夢中になれる努力じゃないの?」と筆者は答えたのですが「もっと根本的な話だよ」と友人はいうのです。

友人は続けました。「こういうやつは、時間を大事にしていないんだ」と。もしくは「時間にどれだけの価値があるのかを知らない」と。目先の金にばかり意識が向いて、時間という資源を認識していないということらしい。

更に友人は、”会社を辞めてフリーランスになろうとしてる人”という設定の例えで解説してくれました。

・Aさん:今の会社はブラック。辞めたい、お金もない、楽しくない、時間もない、フリーランスなら時間を自由に使えるし調べてみよう。もっと効率的に人生を過ごせるはずだ。
・Bさん:とにかく時間が勿体無い。この会社で無駄を消費しすぎている。この会社はクソだ!!!日本は可笑しい!!!世界レベルから逆行している!!!◯ね!!!

結論からいうとBさんが成功するそうです。ちょっと極端に話しましたが「どれだけ苦しんで、どれだけ耐えてきたか」が強ければ強いほど、凝縮された”バネ”が跳ね上がるというのです。

「あの世界は可笑しい、あの世界に戻るよりはいい」という”反骨精神”が結局は最強なのだということだそうです。そして、そんな世界で苦労した過去がある人間は、”時間”の価値をよく知ってると言っていました。

時間の大切さに”気づいた”人間が勝つ

テーマは時間の話に移りました。「限界まで苦労してきた人は、時間をとても大事にする、以前に無駄に感じた仕事、内容、残業をよく知ってるし、それにずっと耐えてきているからね」

逆に言うと、それなりに辛くて会社を辞めて、フリーランスになった人と言うのは、”反骨精神”も薄ければ、時間も大事にできないというのです。

この10分でこんなことができる、寝る時間を6時間と決めておけば、朝にアレができる、仕事を4時間と決めて開始すれば、予定より早く終わる、など、そもそもの毎日の時間の使い方が違うということらしい。

更に、我慢し続けてきた日々で「時間ができたらアレをする、構成はこう」などと長い時間試行錯誤してきているので、その抑圧されたバネが弾けた瞬間にスッと行動に移せるとのこと。とにかく跳ね上がりが凄いのだそう。

風呂に入っている間も、寝ているときも「次はアレを書こう、これを調整しよう」と考えが浮かんでくるレベルにバネが弾けているので、物凄い伸びになるのだそうです。バネを押さえつけてきていない人とではこういう部分で差が出るらしい。

”時間が大事”はガチ、筆者も検証済み

さて、ここまで聞いた筆者の意見は「反骨精神とかはまぁそれなりにわかるけど、いまいち現実味が薄いかな?」と言った感じでした。ちょっと精神論すぎて当てはまらない人多そうだなぁと。

しかし、時間の話に関しては完全に納得。なぜならこれは”実際に実践してみたことがあるから”です。

日々の過ごし方が勿体無いと感じて、一日の行動を完全に時間管理(前日のうちに書き出しておく)して動いてみたことがあるのですが、通常の4倍ほどタスクがこなせました。

実際に書いてみた例:休日編7時:起床 シャワー 出かける準備
8時:外出、コメダでモーニング 執筆 ◯◯のテーマについて書く。
11時:買い物 ◯◯と◯◯ 次の仕事に必要 生活用品、場所は◯◯で買える
12時:昼飯:◯◯周辺で
13時:友人と会う、カフェ 2時間予定
15時:サイトの調整と更新、新しい◯◯を修正、◯◯を変更
17時:一旦家に帰ってジョギング準備、ジョギング 30分
18時:晩ごはん準備、買い出し 〇〇を作る 材料は◯◯ イオンで買える
19時:晩飯 録画しておいた◯◯を見る、YouTube◯◯を見る
20時:風呂、寝る準備
21時:今日できなかったことを補う時間
22時:布団に入って自由時間
23時:明日のスケジュール、次の記事の構想を考える
24時:就寝

だらだらしたり、2度寝したり、何するか考えたり、買い物に時間かけたり、とりあえずYouTubeみたり…。そんな”微妙な時間”がタスク管理によってゼロになったら、4倍のことができたのです。

この4倍効率の理由には”無駄が無くなり時間が増えた”ことも関係していますが”やることに制限時間を設けることによって処理速度が上がった”というのも大きな発見でした。

『何をするか』という構想が前の段階でできている人は本当に最強なのです。最大効率で時間を使うことができる。

最終的には、”精神的に楽ではないから”やめちゃったのですがね…。反骨精神が足りませんね笑。時間の大切さも、筆者は分かっていないほうなのでしょう。

総評:映画『タイム』も見てね

今回はブログ、サイト、フリーランスなどで成功する人、しない人の心構えと経験についての話でした。注意していただきたいのは、あくまでも”友人の考え”であることです。

私自身がこれをオススメしているわけではありません。限界まで会社で耐え続けたら、そのまま潰れてしまう人だって多いハズ。そうなる前に、脱出するべきだと私は思います。

しかし『あの時代の環境には戻りたくない、あの頃よりは良い』という精神はわりと大事かもしれません。最低を知っているからこそ、今を頑張れる。そんな場面は結構多いです。

そして、”時間”を大事にしましょう。これに関しては友人に全面同意です。自身の体験からしても、これは証明できています。何かを成し遂げるには、まず先に時間の価値を、時間の使い方を知るべきなのかもしれません。

最後までありがとうございました。興味があったら、一度時間を意識して過ごしてみてください。

スポンサーリンク

-記事をシェアする-

-SNS・チャンネルをフォローする-

関連する記事