スマートフォン

中華スマホ

Huami『Amazfit Stratos』実機レビュー:日常で使い倒してみたぞ!

Xiaomi(正確にはHuami)から発売された新作スマートウォッチ『Amazfit Stratos』を入手したので、暫く使い倒してみました。”驚異のバッテリー持ち”や”2万種を超えるウォッチフェイス”などが非常に魅力的な中華ガジェットです。
中華スマホ

『Teclast M89』徹底レビュー:鬼早レスポンスが魅力の7.9インチタブ

今では珍しくなった4:3のアスペクト比を持つAndroidタブレット『Teclast M89』のレビューです。7.9インチの何処かで見たことあるデザインは非常に美しい。2048x1536の解像度は書籍利用にもぴったりです。文字量は8000字程度です。
中華スマホ

『Elephone U Pro』実機レビュー:機能モリモリで高級感MAX!

中国系スマートフォンである”Elephone U Pro”の使用レビューです。野外、室内、仕事、休日等様々な場面において実機を試してみました。本機はラウンドエッジ可能が非常に高級感を感じさせる、機能モリモリなモデルです。無線充電、顔認証にも対応。
中華スマホ

『Xiaomi mi Pad 4』アスペクト比16:10に一新されたデザイン

Xiaomiが新しく発表した『Mi Pad 4』のスペック情報です。SnapDragon660、Bluetooth5.0を新搭載。また前作、前々作で4:3だったアスペクト比を一新し16:10とすることでAppleのアイパッドとは違うデザイン性になりました。
中華スマホ

CHUWI『Hi9 Air』レビュー:高級感がアップした中華タブレット

CHUWIの新作タブレットである『Hi9 Air』のレビューです。前作Hi9から10.1インチにアップグレードした大画面IPS液晶が魅力。機体の高級感もかなり増しています。お値段も2.3万円ほとどかなり安い。文量は7000字ほどです。
中華スマホ

Xiaomi『Redmi Note 5』(Pro)徹底レビュー:コスパの化け物来たる

Xiaomiより発売された新作『Redmi Note 5』の詳細レビュー記事です。『デュアルカメラ搭載』『ミドルハイに迫るAntutuスコア』『mi6よりも優秀なバッテリー持ち』などを備えて、お値段2万円という高コスパスマホ。文量は8000字程度です。
中華スマホ

Xiaomi Redmi 6 スペック情報|約1万円で発売される見込み

2018年6月に発表された『Redmi 6』『Redmi 6A』のスペック情報です。6はデュアルカメラ、顔認証を搭載した機体でありながら値段が13800円と激安のモデル。6Aは性能を抑えて価格を約1万円まで下げた爆安モデルとなります。
中華スマホ

【比較】ノッチ付きスマートフォン大全|最新のノッチスマホを13種紹介

現段階で発売されている”ノッチ付きのスマホ”を探して纏めてみました。iPhoneXから一気に流行ったノッチモデルは中国系メーカーを中心に模倣され続けています。今回紹介しているノッチつきスマートフォンは日本で未発売のものも含まれています。
2018.06.14
中華スマホ

『Xiaomi mi8』とSEモデル発表!外観フォトとスペック速報

5月31日のXiaomi8周年記念会にて『mi8』と『m8SE』が発表されました。mi8はスナドラ845搭載のAntutuスコア30万超えというモンスタースペック。mi8SEはAntutuスコア17万点にして3万円の低価格など魅力的な発表を纏めました。
中華スマホ

『Xiaomi mi8』(mi7)は5月31日発表!最新リーク情報まとめ

5月31日のxiaomi発表会にて『mi8』が初お披露目となるようです。前モデルのmi6から約1年ぶりのmiシリーズ発表となります。今回の新作はiPhoneXによく似たベゼルレスモデルとなるようです。Xiaomiの公式発表に加えて様々なリークを纏めました。
タイトルとURLをコピーしました