スマートフォン

中華スマホ

Xiaomi mi9は水滴ノッチ,3カメラ,12GBメモリ!お値段は4.9万円から

Xiaomi(小米)の新作スマホ『mi9』のスペック公式発表情報です。トリプルレンズ(望遠、広角)、超高速無接点充電、メモリ12GB、Snapdragon855を世界初搭載などの魅力的な性能を備えた上でお値段は4.9万円からとかなり安いです。
中華スマホ

最高性能スマホ『Lenovo Z5 Pro GT』がマジで”買い”な件

2019年1月時点で全スマホ中最高性能になる『Lenovo Z5 Pro GT』が本気で凄い。全画面スライド式&SnapDragon855初採用でお値段4.3万円…。12GB/512GBのフルスペックモデルでも7万円ちょいで購入できる驚愕のコスパです。
スマートフォン

最薄・最軽量スマホ『KY-01L』は斬新な切り口が話題の京セラ端末

京セラから発表された携帯端末『KY-01L』のスペック情報です。11月22日発売。世界最薄、最軽量をアピールしているカード型サイズの極小ケータイとなります。財布にも入ってしま薄さ、小ささは圧巻。同社としては実に20年ぶりのdocomo端末となります。
スマートフォン

ネット代理店の高額キャッシュバックの謎に迫る!【なんであんなに安いの?】

インターネットでスマホを契約する『ネット型代理店』は実店舗と比べて大幅なCB還元があることが特徴です。契約も郵送だし簡単。でもなんだか怪しい…。なぜ高額なCBが貰えるのか?そのカラクリについて”実際に契約してみた筆者が”今回は解説します。
中華スマホ

Royoleが発表したフレキシブルタブレット『FlexPai』がスゲー

Royole(柔宇科技)から発表された”FlexPai”が注目を集めています。一見ただの7.8インチタブレットですが、真ん中で折りたたむことができるのです。画面が分離している訳ではなく、画面ごと曲げられる世界初の製品として話題となっています。
iPhone

新型mac miniはフルで50万円?最近のAppleが”高すぎる”件【比較】

10月30日に新作Airやmacmniなどが発表されましたが、どうにも値段が高い…。もはや買いやすいモデルではなくなっています。そして、更にこれを上回る値段で発売されているのがiPhoneXSです。最近の”値段高くないか?”という流れを纏めました。
中華スマホ

『中華スマホ』のおすすめを厳選:実際に使ったコスパ重視な6選

日本では買うことができないが、高品質&低価格な中華スマホのおすすめをランキング形式で紹介。今回は”私が実際に入手して触った”スマートフォン&タブレットに限定して解説しています。中華スマートウォッチ、ノートパソコンの番外編もあります。
スマートフォン

アスペクト比4:3の最新Androidタブレット3選|漫画利用にもピッタリ

アスペクト比4:3のAndroidタブレットに絞ってオススメの機種を纏めました。最近は16:10のAndroidタブレットが主流となり、iPadmini系の模倣機は姿を消しつつあります。しかし書籍利用など、4:3タブレットの需要はまだまだあるハズ…!。
中華スマホ

Xiaomiがついに日本進出!?特許の許諾契約と法人登記でほぼ確定か?

世界5位のスマホメーカーであるxiaomiが日本に進出することがほぼ確定となりそうです。会社としての法人登記やdocomoとの許諾契約がリークしています。今回はこの速報を纏めると共に、個人的に取引のあるXiaomi関係者や代理店についても述べます。
2018.09.19
iPhone

iPhone XS,MAXはデメリットだらけ?信者も首をかしげる4つのポイント

2018年9月に発表された新型iPhoneXSシリーズですが、過去に類を見ないほどの批判の嵐が巻き起こっています。2倍の値段設定、異常なサイズ構成、統一されたノッチデザインなど、XS,MAXシリーズの様々な問題点、デメリットを纏めてみました。
タイトルとURLをコピーしました