Snapdragon Wear 3100始動!FOSSILとMontblancから販売開始

-記事をシェアする-

2018年9月に新発表されたスマートウォッチ用Soc『SnapDragon Wear 3100』。前回のWear2100から2年半ぶりの新作となります。発表時にはLouis Vuitton、FOSSIL、モンブランからの搭載端末発売が公表されていました。

2018年も終盤に差し掛かり、FOSSILとモンブランから3100搭載端末が正式に発表されました。今回はWear3100のおさらいと、この2端末の特徴を解説します。

スポンサーリンク

新作Wear3100チップはバッテリー効率が大幅に改善?2100と比較

Wear2100と3100の詳細スペック比較

2100 3100
CPU ARM Cortex A7 x4 1.2GHz ARM Cortex A7 x41.2GHz
QCC1110
GPU Adreno 304 Adreno 304
メモリ LPDDR3 400Mhz LPDDR3 400Mhz
画面 640×480, VGA 640×480, VGA
input,output対応
Bluetooth 4.1 4.1
WiFi 802.11n 802.11n
Low power Wi-Fi
発表時期 2016年2月 2018年9月
その他 なし RFFE対応

参考:https://www.qualcomm.com/products/snapdragon-wear-3100-platform

上記が新作3100と旧2100の比較になります。一見するとGPUも同じ、無線系も同じ、ディスプレイサポートも同じと、2年半経過したわりにはこれといった性能向上は見受けられません。

しかしCPU部内は新設計のQCC1110が採用されるようであり、これによって従来の一般的なSocに比べて約20倍ほどの省電力性能を発揮できるとのこと。これはかなり期待…。

発表会では『実際のOS上では、最大2.5日程度バッテリー持つだろう』と言われていました。使用環境、設定や”画面を常にオン”の有り無しでも影響はありそうですが、従来の2100よりは確実に良くなっているとのこと。”Low power Wi-Fi”などの新システムも関係していそうです。

更に、WearOS上で使える新システムとして”Traditional Watch Mode”、”Enhanced Ambient Mode”、”Sports Experience”という3モードを新搭載。

Traditional Watch Modeは、最大1週間はバッテリーが持続するという優れたモードになります。わかりやすく言うと、今までの「見る時以外時計を非表示にする」に近いモード。(今回は時計のみ常時表示される?)かなり寿命が伸びています。

Enhanced Ambient Modeは従来の「常に文字盤を表示させている」状態のモード。従来より配色も増え、より美しい状態のまま長時間のバッテリーライフをサポートしてくれるようです。

Sports Experienceは今回は新しく追加されたモード。GPSなどをオンにしてランニング、スイミング、サイクリングなどのスポートライクな計測モードに切り替えることができます。恐らく最もバッテリー消費があるモードです。

Wear3100は能力向上というよりは「省電力化、バッテリー持ちの改善」に大きく力をいれた新作となります。そのせいかBluetoothも4.1のままだし、対応メモリも変わりません。

しかし、地味にディスプレイのinput、outputに対応してたり、RFFE(高周波フロントエンド)に新対応してたりもするので、パワーアップしている箇所もわずかにあるようです。

カラバリ7種!選択肢が広い!『Fossil Sport SmartWatch』

数々のスマートウォッチを制作・販売している大手メーカーFossilから、早速3100搭載の端末が発表されました。今回の新作は『Fossil Sport SmartWatch』といい、フィットネスやスポーツ利用での活用が想定されているモデルとなるようです。

サイズ展開は41mmと43mmの2種。女性、男性共に利用しやすいようにサイズが選べるのかと予想しますが、日本人には41mmでも少々大きめのサイズとなります。更にストラップの太さ、色まで選択可能。

本体カラーは7色展開。赤、青、白など明るめのカラーも豊富に用意されており、男女共に気に入ったカラーを選択できそうです。個人的には赤色がお洒落でいい感じ。

また、3100特有の省電力機能も宣伝されており、従来よりアップグレードしたバッテリー持ちがアピールされています。

お値段は255ドル~。約3万円といったところでしょうか。なお41mmは既に販売されており(43mmは予約状態)、公式サイトからチェック、注文が可能です。

参考:Fossil 公式サイト

高級ブランドの最新デバイス!『Montblanc SUMMIT 2』

スイスの万年筆メーカーであるMontblancが発表したSUMMITというスマートウォッチシリーズ。こちらの後継にあたる新機種がWear3100搭載の『Montblanc SUMMIT2』となります。

元々ビジネス用の高級アイテムを取り扱うブランドであるだけあってSUMMIT2のデザインは非常に優秀。普段遣いでも、仕事用でも秀逸に活躍できる存在感を放っています。

従来のSUMMITは46mm設計で構成されており、男性用という雰囲気が強かったのですが、今回のモデルは42mmへとコンパクト化。腕の細いユーザーでも扱いやすくなりました。

バッテリーも大容量の340mAhを搭載。従来の300mAhから増えており、設定次第では5日程度の連続使用が可能になるとのこと。従来のWearOSでは考えられない持久力です。

お値段は公式サイトで11万~12万円ほど。さすが高級ブランドだけあってなかなかの値段がします。なお、海外では販売が始まっているようです。

正直、我々には手が届かない高級品といった印象…。「どうしてもこのデザインが欲しい!」というユーザーは検討してみてもいいかもしれません。

参考:Montblanc 公式サイト

スポンサーリンク

-記事をシェアする-

-SNS・チャンネルをフォローする-

関連する記事