液晶モニターのお勧め ベスト3|自作PCオタクが選ぶ【コスパ比較】

-記事をシェアする-

ハイスペック自作PCを組む!のコーナーをやり始めてから3年目となりますが『お勧めのモニターも教えてほしい』という要望を頂く機会が増えてきました。しかし、モニターは一概にコレ!という絶対的なアイテムがありません。

ユーザーの用途によってオススメする機種が変わってくるということです。今回は、お勧めできるワンポイントを載せた上で様々な視点から「コレは良い!」と感じるモニターを紹介します。

※【大画面モニター限定】のお勧め機種は下記に纏めています↓↓

4K映像の流行によって普及しつつある大画面液晶モニターのおすすめを紹介しています。スペック、コスパ度など性能別の比較も載せています。
blog.endstart.net

スポンサーリンク

全てにおいてバランスが良い!オールラウンダーな一台

ET322QKwmiipx

機種スペック

画面サイズ:31.5インチ
パネル: IPSパネル ノングレア
解像度: 4K(3840×2160)
応答速度:4ms
コントラスト:3000:1 
輝度:  300cd/m2
視野(上下/左右): 178/178
消費電力: 47 W
入力: HDMI2.0x2 DisplayPort
その他:スピーカー搭載
本体サイズ: 729x529x246
重さ: 6.78Kg

おすすめ度

価格の安さ ★★★
スペック  ★★★★★
コスパ   ★★★★

エイサーの売れ筋モニターです。本体サイズは『31.5インチワイド』とかなり大型のモニターとなるので、置き場所に余裕がある人向けになりますが、大画面で迫力ある映像を楽しむことができます。ゲーム用途、映像視聴などにはもってこいの一台と言えるでしょう。

本体には当然のようにIPSパネルを搭載し4kに対応、更に最新モデルということもあり、コントラスト比が3000:1と、IPS系ではかなりの高コントラストを表現できます。応答速度も非常に早く作られているので、一般的なアクションゲームでも不満を感じることはないでしょう。

HDMIは最新規格2.0に対応、スピーカーも標準搭載されているので、PS4専用モニター、BDレコーダー接続でテレビ用途に、などの使い方も可能なオールラウンダーな機種です。バックライトにはLEDが使われていますので、寿命も長く、薄いです。

全体的に性能のバランスが取れている良機種と言えるでしょう。強いて欠点を挙げるならば、本体サイズの大きさが部屋のスペースに対応していない人は厳しいということぐらいでしょうか。横幅が一般的に普及しているPCモニタより大きい(約73cm)です。

サイズ面を許容できるなら、間違いなく満足度トップクラスの液晶モニターです。お値段は約5,5万円ほどと激安というわけではありませんが、総合的にお勧めできる機種です。

安くて平凡なのでいい!そんな時に選びたいモニタ

GW2470HL

機種スペック

画面サイズ:23.8インチ
パネル: AMVA+パネル
解像度: フルHD(1920×1080)
応答速度:4ms
コントラスト:3000:1
輝度:  250cd/m2
視野(上下/左右): 178/178
消費電力: 29 W
入力: HDMIx2 D-sub
その他:
本体サイズ: 553x425x189
重さ: 4.1Kg

おすすめ度

価格の安さ ★★★★
スペック  ★★★★
コスパ   ★★★

安いモニタがいいけど、品質が悪くてサイズも小さいのはイヤだ・・・」そんなユーザーにオススメしたいのがBenQのGW2470HLです。画面サイズは納得の23.8インチ。最近のデスクトップPCでよくあるサイズではないでしょうか。

応答速度や、コントラストも問題なし。至って標準的な性能を備えた上で、値段が約1.5万円ほどとかなり安い価格帯の製品となります。しかし一点注意していただきたいのが、『DIV端子がない』ことです。使う際にはDIV→HDMIに変換するようにしましょう。

その他機能としては、ブルーライト軽減Plusなどを搭載し、目への負担軽減にも取り組んでいるモデルです。長時間作業する場合にもお勧めできるシステムですね。更にフリッカーフリーも搭載し、画面のチラツキを完全にカットしています。

正直、フリッカーなしのモデルで15000円なら、その機能だけで結構安いんじゃないかなぁ、と感じます。フリッカーというのは、モニターにカメラを向けた時にカメラ越しだとわかる『アレ』です。波打ってるやつですね。

「とりあえず安く済ませたい」「普通に使えればいい」という人はこの機種で良いでしょう。なお、スピーカーが搭載されていないので、音声出力には別途1000円ぐらいのスピーカーを買って繋ぎましょう。イヤホン、ヘッドホンで聞く場合はそもそも必要ないので問題ないです。

1万円も出したくない!映ればいい人向けのモニター

GL2070

機種スペック

画面サイズ:19.5インチ
パネル: TNパネル
解像度: WXGA++
応答速度:5ms
コントラスト:600:1
輝度:  200cd/m2
視野(上下/左右): 65/90
消費電力:17 W
入力: DIV D-sub
その他:
本体サイズ: 416x424x178
重さ: 2.99Kg

おすすめ度

価格の安さ ★★★★★
スペック  ★★
コスパ   ★★★

映ればいいんだよ!激安のやつをくれぇ!」そんな人に紹介したいのがお値段9000円の激安モニターです。サイズは19.5インチと少々小さめのモデルとなります。一応性能面は最低限クリアしてるかな?といった印象。

応答速度も他社と比較しても変わらず、至って普通の性能。入力端子がDIV D-subしかないのが気になりますが、HDMIは変換できるのでDIVに変換して使えば問題ないです。D-subは・・・。アナログ出力ですので、現在使う人は少ないかもしれません。

この機種の一番の問題は、液晶パネルでしょう。安いTNパネルを採用しているためか、視野角が極端に狭いです。ちょっと横から見ると色がおかしくなる。正面から見る人専用の画面と言っても良いでしょう。

色々とクセのあるモニターですが、それでも安いことには変わりない。予算が限られた人にはこれしか選択肢がない場合があります。安さは正義。1万円も出せない人に『とりあえず使える1台』としてオススメです。

BenQ モニター ディスプレイ GL2070 19.5インチ/1600x900 WXGA++/TN
ベンキュージャパン (2017-06-16)
売り上げランキング: 2,207

総評

如何だったでしょうか。モニターも主要なメーカーは限られていますが、商品の展開数が多く、どれを選んだらいいか悩む機会も多いと思います。当サイトでも同じように大量に紹介していては意味が無いため、今回は少なめに紹介しました。

モニター選びのヒントになれば幸いです。最後までありがとうございました。

スポンサーリンク

-記事をシェアする-

-SNS・チャンネルをフォローする-

関連する記事