【全47社】格安SIMを全部、全社載せます!MVNO全てを比較!

-記事をシェアする-

近年、格安SIM・MVNO市場は非常に活発な動きを見せており、様々な会社が新規参入に乗り出しています。価格コムさんなど、大手比較サイトでも全ては掲載されていません。

当サイトでは、日本で契約できる全てのMVNOを掲載しています。多分全部。調べられる範囲で調べ尽くしました。日々更新を続けていますので状態も最新です。新規MVNO社のチェックなどにお使いください。

スポンサーリンク

人気・おすすめ度の高い格安SIM

スマモバ

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:音声LTE使い放題 3480円
  • キャリア:docomo
  • 公式サイトはこちら

比較的新しいMVNO会社。キャンペーンも豊富な印象だが、時間帯別の通信速度を毎日HP上で公表しているのが特徴的。かなり回線速度に自信がある模様。実際に当サイトでも契約してみたが、使い放題プランでも公表値通り高速だった。

更に現在クローズドキャンペーンが実施中。3480円→4622円に値上がりするが、最低利用期間なしで27500円還元される。月末あたり契約で半年間利用しても210円/月程度で運用できてしまう…。

UQモバイル

UQWiMAXの会社が運営する格安SIM。au回線を使っているMVNOということもあり、au x WiMAXの組み合わせプランが特徴的。どのプランでも回線速度が早いことが有名であり、安定した通信品質に評判がある。当サイトお勧めの会社。

FUJI Wi-Fi

  • SIM内容:データSMS・ルーターセットあり
  • 人気プラン:データ100GB 3800円
  • キャリア:SoftBank
  • 公式サイトはこちら

正確には再販型の貸出業者。SoftBankのSIMをレンタルすることができる。100GB使えて3800円と爆安なことに加えて3日の通信規制も無し。最低利用期間もなし。回線もソフトバンク直契約と同等の物が使えるとかなりオトクな会社。

MONA Wi-Fi

  • SIM内容:データSMS・ルーターセットあり
  • 人気プラン:データ100GB 3500円
  • キャリア:SoftBank
  • 公式サイトはこちら

再販型、レンタルタイプのSIM業者。SoftBankSIMを借りて使うことができる。前述のFUJI Wi-Fiと仕組みは同じなので、3日制限や違約金も一切なし。回線も爆速。デメリットとしては事務手数料が5000円と少し高い。また音声プランも無し。

Yモバイル

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:スマホプランS 1980円
  • キャリア:SoftBank
  • 公式サイトはこちら

この会社をMVNOといっていいのかは分からないが一応掲載。ほぼSoftBank回線(親がソフトバンク)なので速度はかなり早い。混雑時間帯を心配する必要なし。この利点を目的に契約する人が多い気がする。一般ユーザーにはiPhoneセットが人気。

LIBMO

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:音声ライト 1180円
  • キャリア:docomo
  • 公式サイトはこちら

TOKAIが運営する格安SIMサービス。音声プランも1180円~と安めの価格帯で運用できるのでサブ回線として利用する人も多い。キャンペーンも豊富に用意されており、半年間1000円引きなども定期的に開催されている。

トラベルSIM

  • SIM内容:音声・データSMS
  • 人気プラン:貼るeSIM 2400円
  • キャリア:渡航先により異なる
  • 公式サイトはこちら

海外利用に特化したサービス展開が特徴的なプリペイド式のMVNO。100カ国以上の国で利用できるサブSIMとしての運用が人気。中でもiPhone専用の貼るeSIMは挿入済のnanoSIMの上に貼るだけでデュアルSIM化できるというスグレモノ。渡航の際にはぜひ利用したい会社だ。

b-mobile

日本通信が運営する格安SIMサービス。データプランは190円~、音声プランも1GB 990円~と非常に安いのが特徴。また、スタートSIM(1380円/月)という最低利用期間が一切無い珍しい音声プランも展開しており、契約して直ぐにMNPすることも可能。面白い使い方ができる。

BIGLOBEモバイル

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:音声3GB 1600円
  • キャリア:docomo au
  • 公式サイトはこちら

歴史の長いBIGLOBEの格安SIM。ビックローブは頻繁に値引きキャンペーンを行っており、『半年間は月額400円で音声SIMが持てる』などオトクなイベントを提供していることが特徴。会員数も多く、人気トップ10には確実に入るMVNOと言える。

LinksMate

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:音声1GBカウントフリー 1600円
  • キャリア:docomo
  • 公式サイトはこちら

スマホゲーム、アプリ利用に特化したMVNO会社。対象のアプリ利用時の通信量計測が9割以上カットされるカウントフリーオプションが最大のウリ。膨大な数のゲームや動画サービス、SNSが対応しており、アベマTVやニコニコ動画などの通信量もカットされる。

ピクセラモバイル

ピクセラが運営するサービス。データSIMのみとなるがLTE使い放題(3日3GB)で月額1980円とかなり安いのが特徴的。特に視聴制限やコンテンツ制限などもなく、一般的な格安使い放題プランとしてはかなり高評価。実測次第では十分メインウェポンになるサービス。

HISモバイル

旅行会社が運営するSIMサービス。国内プランと海外プランが別れている。国内プランもデータ190円~、音声945円~と業界最安値だが、海外対応SIMも人気。1900円で一度SIMを購入すれば、以後、一日500円で200MB使い放題にできる。海外に行く際には利用したい会社。

平均的なコスパ・性能なMVNO

mineo

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:音声3GB 1600円
  • キャリア:docomo au SoftBank
  • 公式サイトはこちら

3ヶ月半額や半年500円引きなどキャンペーンが非常に多いMVNO業者。元々はau系だったが、現在はdocomoとSoftBankのSIMも扱うトリプルキャリア会社となった。CM効果もあり、ユーザー数はMVNO内でトップ3に入るレベルで大人気。

楽天モバイル

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:音声2GB 1480円
  • キャリア:docomo ※楽天
  • 公式サイトはこちら

もはやMNOとなりつつある楽天モバイル。徐々に自社の回線へユーザーを移行させる予定が立っている。現在のプランでは、容量を使い果たしても1Mbpsで通信可能なスーパーホーダイプランが人気。会員数も多く、楽天会員なら値引きも豊富。

DMMモバイル

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:データ1GB 480円
  • キャリア:docomo
  • 公式サイトはこちら

ネットサービス界の何でも屋『DMM』が運営する格安SIM。幅広いプランが人気であり、音声とデータで10種類の容量から選択できる。最安のデータプランは440円と比較的安く、少量の通信で利用したい用途限定タイプのユーザーに人気がある。

STAR WiFi

  • SIM内容:データSMS・端末セット
  • 人気プラン:大容量プラン 3580円
  • キャリア:SoftBank
  • 公式サイトはこちら

FUJIWiFiやMONAWiFiと同じジャンルのレンタル系サービス。SIMのみのレンタルプランがある。具体的な容量は掲載されていないが、以前は無制限を謳っていたことを考えると100GB以上は確実に使えると考えて良いだろう。月額は3580円と安いが、初回費用に6000円かかるので注意。

NifMo

大手古株プロパイダのniftyが運営する格安SIMサービス。通信速度もそこまで早いわけではないが、速度がかなり安定している。知名度のわりには穴場でお勧めな会社。最近は店舗展開もあり、即日契約も可能になった。

DTI SIM

  • SIM内容:音声・データSMS・ルーターセットあり
  • 人気プラン:データ10GB 2100円
  • キャリア:docomo
  • 公式サイトはこちら

こちらもかなり古株のMNVO。最近は特徴的なプランが目立つ。YouTube見放題プランや月額2円プランなどがある。お試しプランでは半年無料(ユニバーサル料金のみ)でDTISIMを試せたりと画期的なサービスが多い。

IIJmio

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:音声3GB 1880円 端末セット
  • キャリア:docomo
  • 公式サイトはこちら

MVNOの老舗とも言える会社。通称は”みおふぉん”。30種を超える大量の格安スマホ展開が魅力。セットプランも2000円以下(1年間)と安くお手軽に選べるのが嬉しい。ひかり回線セットで安くするプランもあり。

LINEモバイル

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:音声1GB 1200円
  • キャリア:docomo au SoftBank
  • 公式サイトはこちら

SNS大手のLINEが展開する格安SIMサービス。LINEやInstagram、Twitter、Facebook等のSNS通信を制限なし、通信カウントフリーに使えるコミュニケーションフリープランが特徴的。知名度も高く一般ユーザーに人気が高い。

OCNモバイルONE

MVNO、格安SIMというジャンルを布教させた最古参ともいえる会社。親会社がNTTということもありサービスは比較的安定している。最近はライバルが増えたことによって影が薄くなっているが、愛用ユーザーは意外と多いのではないだろうか。

ロケットモバイル

とにかく料金の安さをウリにしている会社。200kbpsのデータSIMは298円と異様に安い。特殊な用途で活躍しそうなMVNO。音声プランも948円と爆安。なお、通信速度は遅いのでサブ回線用途として使うユーザーが大半。

nuroモバイル

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:0SIM 月額0円
  • キャリア:docomo SoftBank
  • 公式サイトはこちら

元々雑誌の特典で配布された0SIMが大人気のMVNO。現在は自由に申込できる。データ500MBまでが無料という利益ゼロの赤字プランが最大の目玉。音声を足しても756円で利用できる。通信速度は公式も認めるほど超低速。最安音声SIMとして利用するのが正しい使い道。

Exciteモバイル

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:データ1GB 3枚 1180円
  • キャリア:docomo
  • 公式サイトはこちら

MVNO界では歴史長めの会社。Excite翻訳などポータルサイトが有名。プランは平凡なものが多いが、最近はセガゲーム定額プランなど他社とコラボした特徴的なキャンペーンも展開している。また、SIM3枚セットの値段が比較的安く、一つの契約で3端末利用できるのも面白い。

U-mobile(ユーモバイル)

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:音声25GB 2880円
  • キャリア:docomo SoftBank
  • 公式サイトはこちら

動画配信で有名なU-NEXTが運営する格安SIMサービス。25GBを速度制限なしで使えるMAXプランが音声2880円と激安。最低利用期間も6ヶ月と比較的短いのでトライしやすい。最近はSoftBankSIMも選択可能になった。速度は全MVNO中ではあまり早くない。

イオンモバイル

北海道名寄から沖縄県石垣島まで、何処にでもあるイオンが展開するサービス。他社はインターネットからの申込がメインの集客手段だが、イオンは既存のグループ店舗内で集客することをメインとしているのが特徴。そのため、高齢者層にも扱いやすい簡単スマホなどが人気。

TONE

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:音声端末セット 1825円
  • キャリア:docomo
  • 公式サイトはこちら

DVDレンタルのツタヤが運営するサービス。オリジナル機種とSIMのセットで月額1825円の格安プランが人気。ネット通信無制限を謳っているが、動画視聴やアプリダウンロードにはチケットが必要となるなど、結構制限は厳しめ。一時期TVCMでも話題になった。

JCOM MOBILE

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:音声0.5GB 端末セット 1680円
  • キャリア:docomo
  • 公式サイトはこちら

ケーブルテレビ局のJCOMが運営するサービス。特に目立った特徴は無いが、ケーブルテレビ契約者なら、音声プラン端末セットが月額1180円で利用できるのでかなり安くなる。未契約のユーザーにはピンと来ないが、契約者なら一度検討してみても良いだろう。

アットモバイルくん

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:音声0.5GB 1200円
  • キャリア:docomo
  • 公式サイトはこちら

比較的安定した運営をしているMVNO。音声プランも1200円~と安く容量も500MB付いている。3G使い放題プランなど特殊なプランも用意されており、データ専用SIMも幅広く展開されている。容量追加も安めで良心的。

エックスモバイル

値段もそれなりで平凡な格安SIM業者。他MVNOのような050や転送系かけ放題ではなく、純粋な電話発信でのかけ放題がプラス2300円で使えるのが嬉しい。また、比較的新しいiPhoneも取り扱っているので、一般ユーザーにはウケが良いかもしれない。

イプシム

固定IP(グローバル)アドレスがモバイル環境で使えるというなんとも珍しい格安SIM。一部のオンラインゲームやテザリング、開発環境、ルーター利用などで必要としているユーザーには有り難い。ありそうで無かったサービス形態。

LEQMO

”レキモ”と呼ぶらしい。比較的新しいMVNO。音声プランが950円と業界最安値でメッチャお得。容量も1GBも付いてくる。更に5分かけ放題プランも+1000円でつけられるなど、全体的に安いプラン展開が目立つ。

QTmobile

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:音声1GB 890円
  • キャリア:docomo au SoftBank
  • 公式サイトはこちら

九州電力が運営する格安SIMサービス。地元の小規模な運営かと思いきや、docomo、au、SoftBankに対応するトリプルキャリア会社。関西電力に対抗しているのだろうか。なおプランは1年目で音声1GB、890円とヤバイぐらい安い。

hi-ho LTE

WiMAXプランなどを手がけるHihoの格安SIM。データ2GBが770円とそれなりに扱いやすい値段だが、音声は1440円~と普通の値段設定。頻繁にキャンペーンがあるわけでもなく、至って平凡なMVNOと言えるだろう。

RepairSIM

比較的新しめなMVNO。音声1GBで1280円~とそれなりの値段設定。特に目立ったサービス展開もなく注目するようなポイントも無い。キャンペーンで月額1000円引きなどが頻繁に行われているので、タイミングによっては安いかもしれない。

AIRSIMモバイル

データSIMの展開のみで1GB590円と一見普通のMVNOだが、特定のスマホアプリを遊ぶことで月額利用料を値引きしてもらえる。ポイント系サイトのようなシステム。現在は対象となるゲームランナップが少ないのが残念。

Wonderlink

パナソニックが運営する格安SIMサービス。主にレッツノートなどにバンドルすることを目的としている模様。一応SIMのみ契約のプランもあるが、データ1GBで1580円とかなりお高い。7GBなら2480円だが、他社を選択するほうが良いだろう。

Tikimo SIM

WiMAXサービスを提供しているTikTikが運営するサービス。データで640円、音声で1340円~と普通の料金設定。光と同時利用で値引きなどがあるが、値引き内容は微々たるもの。特に契約するメリットは無い。

インターリンクLTE SIM

全プランに固定IPが1つ付属している珍しいMVNOサービス。グローバルIP利用目的に特化しており、通常のデータプランに加えて上がり10GBプランなどを選ぶことができる。これを適用すれば、ダウンロードは低速だがアップロードは高速に行える。

Fiimo

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:音声3GB 1600円
  • キャリア:docomo au
  • 公式サイトはこちら

四国電力が運営するサービス。プランは音声3GBで1600円と普通の設定。特に目立った特徴も無し。キャンペーンで月額料金が割引されるタイミングが多いので、狙えば安く契約できるかもしれない。

G-Call SIM

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:音声200kbps 1200円
  • キャリア:docomo
  • 公式サイトはこちら

他社と比べると比較的小規模なMVNO。音声ライトで月額1200円とそれなりに安めの値段設定。一応端末セットなどもあるが提供機種は少なめ。特別なキャンペーンやプランも無く、特におすすめできるポイントも無さそう。

GMOとくとくBB SIM

WiMAXプランなどを展開する大手GMOが運営するSIMサービス。音声も端末も無くデータ利用のみとなる。違約金等も無くシンプルなプラン展開であり、特に目立ったポイントも無し。割引やキャンペーンなども無いので現状は選択肢に入ることは無さそうだ。

BIC SIM

大手家電量販店のビックカメラが販売するSIMカード。ビックカメラ店舗で即日契約、利用できるのが最大の特徴。なお中身はIIJとなるので実質”みおふぉん”を使っているようなもの。1年間500円引きなどのお得なキャンペーンが定期的に開催されている。

ASUS ZenSIM

スマホ・PCなど各種ハードウェアメーカーのASUSが販売する格安SIM。ビックカメラと同じく中身はみおふぉんの委託販売型タイプ。そのため料金やキャンペーンもほぼ同じ。利点を言うならば、ASUSオンラインショップで使えるクーポンがプレゼントされることぐらい。

ヤマダニューモバイル

  • SIM内容:音声・データSMS・端末セット
  • 人気プラン:音声ライト 1250円
  • キャリア:docomo
  • 公式サイトはこちら

ヤマダ電機が展開する格安SIMサービス。全国の各店舗で申込ができるのが利点。特に奇抜なプランもなく至って平凡。サイトは仕組みに詳しくない人でもわかりやすいように構成されている。ビックと同じく店舗での集客がメインといえるサービスだ。

ワイヤレスゲートSIM

ルーターレンタルなどをメインに取り扱っている会社。過去にはFonスポットが利用できる音声プランなどが展開されていたが、現在は低速データSIMの販売のみ行っている。eoスポットやBBスポットなど各種WiFiスポットが使えるのが特徴。

あまりお勧めできない格安SIM

カシモ

中古端末とSIMをセットにしたMVNOサービス。リユース品のスマートフォンを同時購入しないと契約できない。料金もデータ980円~と高く、確認した限りではリユース在庫もほとんど無いのでサービス自体が死んでいる模様。

目的別のコスパ比較

最後に、全てを調べ回った(現在も調べ続けている)当サイトが現状でおすすめするコスパ最強のキャリア表を纏めておきます。契約の際の参考にしてください。

■音声プランの格安お勧め

社名 プラン 料金 キャリア
LEQMO  音声1GB 950円 D
b-mobile  音声1GB  990円 D,S
QTmobile  音声1GB  890円 D,A,S
HISモバイル  音声500MB 945円 D,S
Nuroモバイル 音声500MB 700円 D
ロケモバ 音声低速  948円 D,S

■データプランの格安お勧め

社名 プラン 料金 キャリア
Nuroモバイル データ500MB 0円 D,S
HISモバイル データ100MB 190円 D,S
b-mobile データ100MB 190円 D,S

■大容量・使い放題のお勧め

社名 プラン 料金 キャリア
FUJIWiFi 100GB 3800円 S
ピクセラ データ使い放題 1980円 D
スマモバ 音声使い放題 3480円 D

■通信速度が早いお勧め

社名 プラン 料金 キャリア
Ymobile 音声2GB 1980円 S
スマモバ 音声使い放題 3480円 D
UQmobile データ3GB 980円 A
FUJIWiFi 100GB 3800円 S
MONAWiFi 100GB 3500円 S

実測参考:https://mobareco.jp/a80294/

スポンサーリンク

-記事をシェアする-

-SNS・チャンネルをフォローする-

この記事のライター

タカハシヤマダ
→Twitter
ENDSTART編集部メインライター。得意記事は中華ガジェット、PCハードウェア&自作相談、VR全般、スマートフォン、MMOゲームなど。
関連する記事一覧