UFOキャッチャーの攻略,コツを元ゲーセン店員が暴露する【裏話付き】

-記事をシェアする-

kyattaas.jpg

筆者は、以前の職場ではゲームセンターのスタッフをしておりました。最終的にはある程度の店舗の運営も任されていたので、裏事情というか、運営するためにどうやって利益を上げるかは勉強したつもりです。

今回は、スタッフ側で見た内部事情の話と、その経験を踏まえた上で、客側はどうやって攻略したらいいのかを解説します。ゲームセンターって結構グレーゾーンな運営してるんですよ・・・。

※この記事は業界の暴露話を踏まえた上で、正しい攻略法を説明していますが、どーしても攻略法だけ見たい!という方は、【店員側から見た 効率よくプライズを取る方法】からご閲覧ください。

スポンサーリンク

元店員が教えるゲームセンターの裏話

まずは、ゲームセンターの内情のお話です。内情を知ることでプライズがどうやって流れているかをある程度知ることができます。これも効率よくプライズをゲットするには必要な知識です。

プライズの原価はやっぱり800円?

ゲームセンターのフィギュアやクッション等の景品が、原価800円というのは本当なんでしょうか?プライズ品のフィギュアとかはわかるんですが、大きいクッションや掛け時計などはとても800円には見えないのですが…よく見る、フィギュアの箱をアームで持ち上げたりずらしたりするタイプではなく、重しの入ったお菓子の箱等を落としたら、展示してある景品を1つ貰える、というタイプのクレーン台です。あと、春先にですが、グッド…
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

これはみなさん噂でよく聞く話だと思います。実際にこれは本当の話で、ちゃんとルールで決まっています。正確には「プライズとして景品にできるものは原価が800円以内のもの」です。

UFOキャッチャーで転がってるやたら高精細なフィギュアも、めちゃめちゃ装飾が豪華なピカピカ腕時計も、全部800円以内で仕入れられています。そう考えると、みなさん結構お金かけちゃってるんじゃないでしょうか。でも安心してください。取れるまでに1000円使ったとしても店側は赤字です。この話はのちほど詳しく解説します。

しかし、プライズが800円以内といっても、PS4や3ds本体などのゲーム機を景品にしているところを見たことががありませんか?確かに800円超えてるしダメなんですが、実はアレにもからくりがあるんです。これも後で解説します。

実はゲームセンターにも消費税があるんです

実はゲームセンターも税金掛かっています。皆さんがゲーム機に突っ込む100円玉は税込なんですよ。今ではスーパーも当たり前のように税抜き表示されてますよね。あれ、ゲーセンでもやりたいです・・・。

正確には100円のゲームなら、1プレイ税抜き93円てところでしょうか。ゲームセンター側に入る収益はそんなもんです。実際、消費税が8%になったことでゲームセンターは大打撃をうけました。構造上、値段を上げることが難しいですからね。だからといって、1プレイ200円にしてしまうと、途端にプレイする人が減るんですよ。非常に調整が難しい。

実際に、この消費増税の流れに乗って、閉店してしまったゲームセンターの話をかなり聞きました。それほどこの波は大きかったんです。ちゃんと景品が取れる設定で1プレイ100円は結構きついんですよ。

ゲームセンターの景品はパチものだらけ

これもよくある話なのですが、その年で人気が出たゲームやアニメなどのキャラクターをプリントした缶バッチやメダル、Tシャツ、財布、小物入れなどをよくゲームセンターの景品で見かけると思います。

この景品、ちゃんと製造元が表記されていない物は全部謎の業者が作った著作権違反品です。正確にはほぼアウトの品です。中には自前で作っていたり、ブラックな製造元も子会社だったりするゲームセンターもあるのではないでしょうか。

ではなぜ捕まらないのか。そうでもないんです。実際に某アニメ・キャラクターの缶バッチを無断で製造していた業者が摘発されたりしています。こういうのはまず作っている側が捕まります。

 ◇キーホルダー製造・販売 著作権法違反容疑
web.archive.org

作っている側が捕まると、その話がゲームセンター側に伝わりますよね。そうなったらその景品を全部撤去するんです。これで安心、というわけです。ゲームセンターにまで捜査が及ぶことはまずありません。

ネットの違法アップロード、ダウンロードでアップロード側だけが捕まるみたいなもんです。上で流したほうが先にしょっぴかれます。

追記:パチモノ景品をメインに置いているゲームセンターがはじめて摘発されたようです。筆者が働いていたときとは状況が変わってきたようですね。ゲームセンター側もやりすぎると目をつけられるようです。

 警視庁四谷署は29日、アニメ「ラブライブ!」の偽グッズをクレーンゲーム機の景品にしたとして、東京・秋葉原のゲームセンター「秋葉原クレーン研究所」を経営する法人と、その男性社長(68)=千葉県流山市=…
www.asahi.com

ゲーセンの店舗維持費は結構高い

izihihatakai.jpg

ゲームセンターの維持で、一番お金がかかるのが、土地代と電気代と人件費です。土地は、小規模のショッピングセンターの一角を借りるだけでも毎月50万円以上は掛かります。その土地代を一回100円のゲームでコツコツ稼がないといけないわけです。つまり、一ヶ月に最低500プレイしてもらえないと家賃すら払えません。

さらに大変なのが電気代です。小規模の小さなゲームセンターでも、おそらく一ヶ月10万円ぐらいはかかります。ゲーム機の消費電力はみなさんの想像以上に多いです。そこにプラスで人件費がのっかるわけです。

ゲームセンターには高額な金額で物を買ってもらうというシステムがありませんから、100円ずつ地道に稼いでいくしかないわけです。しかも8%は国に持っていかれます。一気に稼げないので、客一人あたりの単価は非常に低いです。少しはゲームセンターで儲けることの苛酷さが理解してもらえたでしょうか・・・。

ネットでゲーセンの景品が売られている話

tenbaii.jpg

インターネットでゲームセンターのプライズが売られていることを見たことはありますか?筆者はAmazonとかで景品が売られているのをよく見かけます。あれ、本当はダメなんです。

中古で売るのは確かOKだったはずですが、新品はダメなはずです。個人で売ることに関してはある程度目を瞑ってもらえますが、業者はグレーゾーンです。

しかし、中にはゲームセンターも運営している会社の身内(子会社など)がゲーセンで売れ残ったプライズを販売しているケースがあります。これはもう完全にアウトです。でも良くある話です。そうやって少しでも利益を上げないとお店が潰れちゃうからです・・・。

スポンサーリンク

店員側から見た 効率よくプライズを取る方法

kyattaas.jpg

この項では、店員側からみたプライズゲットの秘訣を紹介します。といっても某YouTube動画や他の記事で紹介されているような、よくあるUFOキャッチャーの攻略法などは紹介しません。

少し攻略という言葉を違う目線で捉えてみましょう。筆者は、店の雰囲気や立地、クセを真っ先に考えて店舗単位で攻略します。

グレー店舗とホワイト店舗を見極めろ!

gure-kahowaito.jpg

実はゲームセンターには二種類のタイプがあります。法律(確か風営法)をきちんと守っているホワイト店舗、うまく法律を抜けた法に縛られていないグレー店舗の二種類です。

この法律によってゲームセンターは運営の仕方や営業時間、未成年の取り締まり、プライズの価格などが厳しく決められており、好きな景品を出したり出来ません。(プライズ専用の景品しか出せない)おまわりさんも定期的に巡回しますし、めちゃくちゃなことはできません。

しかし、これには抜け穴があり、店舗の10分の1以下の面積に設置するゲーム機類は法律に縛られません。つまり、小規模であればやりたい放題ということです。ゲームセンターとして届けを出す必要がないんです。

本体は、ゲームショップなどの一角に小さいゲーム機を1台設置したりするときに、いちいち届けを出す必要がないようにするための例外措置なのですが、これをうまく利用した店舗が存在するわけです。これがグレー店舗です。

見極め方は以下のとおりです。

■ホワイト店舗の特徴

・プライズを取った後に、色違いなどに交換できない。
・未成年の夜の取り締まりにやたら厳しい。

■グレー店舗の特徴

・交換券システムがある。(取った後に好きな景品を選べる)
・くじびきなど、景品にハズレがあるゲームがある。
・市販品の高額商品が景品として置いてある、

つまり、UFOキャッチャーでくじ引きや、景品を後で選べたりする店舗は全部グレー店舗です。というのも、本来のゲームセンターでは、UFOキャッチャーでとれた景品を交換することは法律で禁止されているからです。

グレー店舗は本当になんでもありなので、高額商品などはまず絶対にゲットできない設定にしていることが90%です。取れた人をチェキで撮影している写真なんて全部サクラです。ご注意を。(10%の例外もあります。)

プライズの市場浸透具合を調べろ!

huxyuaa.jpg

ゲームセンターのプライズにも旬があります。発売日すぐにはなかなか取れない設定になっていて、仕入れた分の元が取れたら、やっと自力で取れる設定にする、といった店舗もあるんです。まずはその商品の新しさを調べましょう。

具体的には以下の方法があります。

■流行りのプライズの調べ方

・プライズ業者の発売日情報をネットで調べる。
・ゲーセンを数軒回って、同じ商品が並んでいるか調べる。
・ゲーセンのどこの位置に設置されているか考える。

フィギュアなどの景品は、タイトーやセガ、フリューなどのホームページに発売日情報が記載されています。これにより新しいか古いかは判断することができます。載っていないような景品は他店舗で置かれているか調べましょう。何店舗も置いてある場合は比較的新しい場合が多いです。

新しい商品は、設置ミスでもない限りなかなか取れない場合が多いです。まずは店側も仕入れ原価を儲けようとしますからね。初動がいい動きをしても、ちょっと動かすと取れなくなるパターンが大半です。注意しましょう。

ゲットのコツとしては、店の端っこなどにある目立たないゲーム機体や、発売してからかなりの時間がたった古いプライズを狙うことです。大体在庫処分でとりあえず設置しているので、店側の設定も緩い場合が多いです。

店の土地代はプライズの取りやすさに比例する!

tokainohukei.jpg

ゲームセンターを運営する上で、重要になってくるのが維持費です。これは前項でも紹介しました。つまりゲームセンター側も利益をあげようと必死なわけです。その点を踏まえると、家賃が高いゲームセンターは、なかなか取れない、もしくは1プレイが高い場合が多いです。

繁華街にデカデカと存在するようなゲームセンターはまず取れません。要注意です。フィギュア一個に4000円とか普通に掛かります。店側も、ある程度お金をかけてくれるお客には取りやすくするサービスをするのですが、上司から設定金額は絶対に指示されています。家賃高めの店舗では、多くの場合はフィギュア一個に3000円~4000円の場合が多いです。

上記の事から、安く景品をゲットしたいなら、田舎の土地代が安い店舗を探すことをオススメします。お店側もゆるく運営していることが多いので、2プレイ100円とかもよく見かけます。

初心者スタッフを見極めろ!

先ほどの項で、店側もある程度サービスするという話をしましたが、店員によってはサービスの仕方を間違えることがあります。具体的には置き方を間違えたり、こっちが使っている金額を把握していなかったりなどです。

スタッフは呼んだ者勝ちです。どんどん呼びましょう。ゴチャゴチャ言えばスタッフ側も面倒くさくなってきます。そこにチャンスが生まれるわけです。アルバイトなら店の売上なんて気にしていないので、面倒くさくなってきたらその場から離れたくなってくるでしょう。少々過剰なサービスをしてしまうスタッフも少なくありません。

しかし、あまり上品な手段ではないので、店側には嫌われます。顔も覚えられます。実際筆者はそのようなめんどくさい客の顔を今でも覚えています。何回も行く店舗ではやらない方がいいですよ。

たまーに置いてある「自販機台」を探せ!

600yenotiru.jpg

自販機台とは、まるで自動販売機のように、指定されたお金を入れるだけでプライズが手に入る、それぐらい簡単なキャッチャー台のことを言います。都市部よりは地方系のゲームセンターで見かけることが多いシステムです。

多くの場合は、一回500円とかむちゃくちゃ高額なんですが、ほぼ一回で落とせるような設定になっています。景品はブームの過ぎたフィギュアや、人気のないフィギュア類がほとんどです。

筆者が一回出会った自販機台は、アームが開いた瞬間に乗っているフィギュアが落ちるという設定でした。もはやボタンを押すことすら必要ないのでは・・・・。そんな台が世の中には存在します。

マイナーな個人経営系のゲームセンターとかじゃないと出会わないのかな・・・と思うかもしれませんが、意外にもセガとか、大手チェーンにあったりするんです。ずっとあるわけではないですけどね。

大抵の場合はめちゃめちゃ奥の端っこにあったりするので注意して見ないと気づきません。普段行かない地方のゲームセンターに寄った際は隅々まで探してください。結構出会うことはありますよ。

筆者が出会った絶対に取れる台 実例集

例えだけでは実際のUFOキャッチャー台のイメージも付きにくいと思いますので、ここからは、実際に筆者がゲームセンターで見つけた、取れやすい設定の台の特徴などの実例を紹介します。

田舎のマイナー店舗だけではなく、都会の大型店舗にも運が良ければ置いてある可能性があります。※狙った位置に機体を止められることが前提条件です。

某ボーリング大型店のS字フック台

某ボーリング大型店でS字フックに引っ掛けるタイプのキャッチャーをよく見かけると思います。その殆どはS字の穴が非常に小さく、なかなか引っかからない設定になっている場合が多いです。

しかし、たまーに店舗の目立たない位置に、S字もわりかし開いている台が存在します。特徴としては、ジャンルが別々の商品をまとめて配置してあるような、いかにも処分台っぽいやつです。

上記の写真の機種はUFOキャッチャーダブルと呼ばれる機種で、100円で左右のキャッチャーを2個動かせるお得な台です。筆者の近くのラウ◯ンも上記機種にフックがついている在庫処分台があります。

これが本当に取れる取れる。的確にキャッチャーを止められる人なら、200円も入れれば一個は取れるでしょう。とりあえず景品を取って自慢したい時はまずコレをオススメします。

探せば意外に見つかる、自販機台

【たまーに置いてある「自販機台」を探せ!】でも紹介しましたが、パターンは違えど、自販機のように簡単な台は数多く存在します。筆者が出会った一例を紹介しましょう。

■その1『某大型中古ゲームショップ内のゲームセンターで出会った600円台

確かお正月だったと思うのですが、とある地方都市の複合中古施設にて、新作のフィギュアが600円で自販機にされていたことがありました。筆者もプレイしてみましたが、何をどうやっても落ちるようなマジの自販機でした。

今思うとかなりラッキーだったのでサービスかな?と思うのですが、それにしても新作を投げる暴挙には疑問が残ります。それ以降定期的に通っていますが、あの時のような台には出会っていません。

■その2『某ハリネズミ店の500円サービス台

ハリネズミの店は全国各地にあると思います。そのうちのわりかし都会にある1店舗で見つけた2つのサービス台ですが、どちらもほぼ確実に取れるだろう、という設定でした。

雰囲気は普通の橋渡しにかなり角度をつけたような設定で、今にも落ちそうでした。さらに500円入れて気づいたことが、アームパワーがほぼMAXだったということです。もう、ほぼ持ち上がってました。そりゃ一発で取れるわ・・。

しかし、この台の内容は本当に処分台であり、2年ほど前の商品が並んでいるような状況でした。500円で取れるし仕方ないですね。

総評 今回のまとめ

aaaakk.jpg

長々とゲームセンターについて書いてきましたが、実際に取れる店舗、台と取れない店舗、台のまとめは以下のとおりです。

■プライズがが取りやすい店舗、台

・田舎の家賃安そうなゲームセンター
・発売日がかなり経過したプライズ
・店舗内の端っこにあるような在庫処分台
・原価が安い商品

■プライズが取りにくい、または絶対に取れない店舗、台

・都会の繁華街など家賃が高いゲームセンター
・新商品のプライズ
・グレー店舗にある交換券やくじ引き、風船、パチンコなど
・どう見ても原価800円以上する市販商品

上記のような形になります。運営する側の視点で見ると、また違ったゲームセンターが見えてきます。UFOキャチャーの攻略法などと合わせて、参考にしていただければと思います。

※今回の内容は筆者が以前に経験したことや、店舗側の人間から聞いた話が含まれています。全ての地域で適用されるわけではないこと、現在のゲームセンターでは適用されない可能性があることをご理解ください。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-記事をシェアする-

SNSフォローボタン

-ブログをフォローする-

関連する記事

関連する記事