どうぶつの森 ポケットキャンプ 先行プレイフォトレビュー【オーストラリア】

-記事をシェアする-

どうぶつの森 ポケットキャンプの先行プレイレビューです。日本では11月下旬配信予定となっております。今回プレイしたのは10月25日から配信開始されているAUS版(オーストラリア)となります。

スポンサーリンク

チュートリアル編

アプリを起動してすぐにワールド選択画面が現れました。現状ではオーストラリアしか選択できません。国を選択するとニンテンドーアカウント連携画面が表示されます。

よくあるデータ連携設定ですね。アプリを消しても続きからプレイできるシステムです。今回はアカウント連携なしで開始します。

お馴染みの追加ダウンロードが始まります。しかし容量は83MBとかなり少なめ。Wi-Fi接続環境ということもあり、一瞬でダウンロードは終わりました。

ダウンロード中も家具やアイテムなどの紹介画面が表示され、定期的に切り替わるため退屈することもありませんでした。この辺の配慮はとっても任天堂らしい作り。

キャラメイク

ダウンロードが終わると、どうぶつの森ゲーム開始時の、あのお馴染みのギターが鳴りだし、とたけけさんが登場します。既にテンションが上がる演出。

早口で音声が流れる独特の『どうぶつ語』も健在。いつも通りの『やあ、調子はどうだい?』みたいなやりとりが交わされます。

とたけけの後すぐに町へ・・・というわけではなく、今回はキャラメイク画面が表示されます。まずは男の子か女の子を選んで先に進めます。

パッと見ただけでかなりの種類があります。髪型、目の形、色など数十種類の中から自由に組み合わせられます。組み合わせるのが面倒な場合は、右上のボタンでおまかせ編集してくれます。

4種のキャンプ場を選べる

キャラメイクが終わるといよいよキャンプ場へ。自分が作ったキャラがキャンピングカーから降りてきます。初めからキャンピングカーは所持しているようです。

降りてすぐに操作説明が表示されます。よくあるスマホRPGと同じで、画面をタップでタップした目的地に移動できます。長押ししている間はジョイコンのようにグリグリ操作できます。

降り立ったすぐ隣にどう森シリーズお馴染みのしずえさんが居るのでタップして話しかけます。いつも通り、ある程度の選択肢も用意されています。

ことの成り行きと、キャンプ場の管理の説明など、基本的な流れを教えてもらえます。見たことあるキャラクターが出てくると安心しますね。

次に、自分のキャンプ場をどのようなテーマで開始するか選択します。『ナチュラル・キュート・スポーティ・クール』の4種類から選択することができるようです。

ここで選択したテーマに対応したキャラクターが最初のフレンドとなるようです。チュートリアル中に協力してくれるような感じです。今回はナチュラルにしました。

すると、早速最初のどうぶつと仲良くなるイベントが発生。クエスト的なものを貰うので早速目的地へ移動します。場所移動はマップ切り替え制で、毎回ロードが入ります。

エリアマップを見ると目的地がビジュアルで表示されているので、選んで移動します。

どうぶつたちのお願い事

エリアを移動すると、何やら森のような場所にたどり着きます。どうぶつ達とのふれあいについて解説が入るので、早速ワンコにタップして話しかけます。

りんごが欲しいんだけど探してきてくれる?みたいなことを言われます。コンシューマ版で言う『おねがいごと』のようなシステムですね。

近くにある木をタップで揺するとりんごが3個落ちてきます。タップで拾えますので入手します。このマップでは他にもオレンジ、さくらんぼなどが採取できました。

また、採取すると木の上部に『2時間59分』と表示されました。どうやら再び実がなるのが3時間後のようです。再試行時間が決まっているんですね。

お願い事を達成して届けると、クエストクリア画面が表示されました。クリア報酬は複数個になるようです。ベルや家具素材が入手出来ました。

同時に対象のどうぶつの好感度が上昇しました。また、画面左上に表示されているキャラクターのレベル(経験値)も上昇するようです。

その後二つ目のクエストへ移行。今度はオレンジ、さくらんぼ、ももの3種の果物を取ってくるように言われますので木を揺すって入手します。

同じようにクリアすると、今度はイベントクリア!的な楽しそうなムービーが流れました。報酬も少しアップしたようです。

家具はカイゾーさんに頼む

イベントを一通り終えて帰ってくると、これまたシリーズお馴染みのカイゾーさんが出現。奥さんもちゃんといます。

家具の作成に関してのチュートリアルがはじまります。作りたい家具を選択し、必要な素材とベルを提供することでカイゾーさんが制作に取り掛かるようです。

作成には待ち時間があり、今回のソファも『残り◯◯分』みたいな表記がでました。この辺りの時間短縮に課金アイテムであるリーフチケットが使われるようです。

完成したソファを配置しました。操作はビジュアルで上空画面に切り替わり、タップ操作で配置、移動が可能です。一括で編集ができるのでとても便利です。

ついでに、既に持っているキャンプテントも配置しました。こういった大型設備も配置できるのが今回のポケットキャンプの目玉のようです。

配置を終えると、仲良くなったどうぶつを招待する項目が出現。早速先程のワンコを招待します。配置したソファに座ってくれたり、ハンモックで眠るムービーが流れます。

その後!「やったー!ワンコが遊びにくるようになったよー!」みたいな説明が流れ、以後普通にキャンプ場に戻ったらワンコが居るようになります。

最後に、しずえさんからチュートリアル終了報酬(スターターパック)を貰い、一通りのチュートリアルが終了。79MBの追加ダウンロード画面に入ります。

ダウンロード中は2Dのキャンピングカーが操作できます。タップしてジャンプすることでベルが獲得できるミニイベントがプレイできます。

チュートリアル終了後の遊び方

チュートリアルを終えると現実との時間連動モードに移行するようです。周囲が暗くなりました。更にログインボーナスの表示が。この辺はスマホアプリ感出てますね。

更にシステム画面の右上の項目をタップすると、クエスト目標が。『アカウント連携する』などの項目があり、達成することで一度だけリーフチケットなどが貰えるようです。

その後、キャンプ場のワンコと話していると「こんな感じのキャンプ場いいよね!」という回想(妄想?)ムービーが入ります。

海・川・森・島のマップで採取

ここでようやくエリアマップ機能が開放されるので、好きな場所に移動できるようになります。

エリアに対応するキャラクターが一覧表示されるようです。とりあえず海(砂浜)に遊びに行ってみます。

ここで釣り竿が出現。マップ侵入と同時に釣りの解説が入りました。どうやらタップ操作で簡単にできる仕様のようです。

魚影が見える場所の近くにタップでしかけを投げ入れ、魚が食いついたら再びタップで釣り上げることができました。タップが遅いと逃してしまうようです。

新しいどうぶつと会話。魚を求めているようですね。先ほど釣った魚をプレゼントしました。喜ぶ仕草が可愛いです。

第二のお願いにヒラメを要求されましたが、イカしか釣れず・・。全然釣れなかったので諦めました。確率なのか分かりませんが難しい。

お次は川へ。と、ここでオンライン中?のユーザーキャラクターが出現しました。どうやらランダムで各エリアに出現するようです。

フレンド登録や、キャンプ場に遊びに行く、などの項目があります。リアルタイムで動いているわけではなく、NPCでした。

そのまま一周ぐるりと回りました。どうぶつの要求であるチョウを持っていなかったのでこれは後回しに。このエリアでは入手できませんでした。ここでは川魚を釣ることができるようです。

次に島へ移動。ここでは虫取りが楽しめるようです。釣りと同じく、虫をタップ→タイミングよくもう一度タップで入手できます。

ここにも虫取りに関連したお願い事を持つどうぶつがいるのでクエストを進めます。報酬がかなりいい感じ。

森に移動。ここはチュートリアルで訪れた場所ですね。ワンコではなくトリがいますね。ここでは果物のイベントがメインになるようです。

OKモータースで車を改造

お次はOKモータースに移動。キャンピングカーの塗装などが行えるようです。ペンギン3人衆がお出迎え。

こんな感じで車の塗装が行なえます。上と下で分けて塗れるのがいいですね。塗装中はコミカルな演出が流れます。

キャンピングカーが気になったのでタップしてみると、中に入ることができました。内装も自分でセッティングできるようです。コチラの家具もカイゾーさんが作ってくれます。

こもれび広場で買い物

次にこもれび広場へ。侵入してすぐにしずえさんからの説明が入ります。ここでは服や家具などの買い物ができるようです。

まめきち商店では完成している家具が買えます。素材から作らないので簡単ですが、値段設定は高めです。

エイブルシスターズでは服を買うことができます。服は結構お安めに設定されていて数百ベルで買うことができました。

隣にしずえさんが居ました。話しかけることによってユーザーズガイドの確認などができるようです。

採掘所でお金稼ぎ

最後に鉱石採掘所へ。注意書きに、「あなたは5人のプレイヤー助けてもらう必要があります。」との表記が。複数人数で行うゲームなのでしょうか。

今回は気にせずリーフチケットを使って入場します。リーフチケットはクエスト報酬で入手できます。一人でも採掘所へ普通に入ることができました。

はにわがお出迎え。どうやら一侵入で5回だけ発掘ができるシステムのようで、発掘した鉱石のクオリティによってベルが入手できるようです。

早速発掘。基本的にはタップするだけなので簡単です。5回採掘するとあっさり終了、なんと6600ベルも入手できました。さすが有料入場だけあります。

感想 スマホでものんびりスローライフを

今回はゲーム全体のシステムを一通り遊んでみました。各種採取や合成、お金稼ぎなど意外にコンテンツは多かったように感じます。

キャンプ場などの設備は『レベル10から開放』などの表記があったりしたのでレベル上げしないと開放されないコンテンツがあるようです。

基本的には採取系も待ち時間が存在するようなので、無課金はゆっくりプレイすること前提で作られている印象を受けました。

恐らく日本語版でも同じシステムになると思います。楽しみに11月を待ちましょう。

また、この記事の内容は下記動画でも閲覧いただけます。

※今回の記事は現地の友人に協力していただきました。ありがとうございます。

事前登録はこちらからどうぞ↓

どうぶつの森 ポケットキャンプ
開発元:Nintendo Co., Ltd.
価格:
平均評価:(合計件)
ダウンロード:回以上
(2017年10月28日時点)
■製品情報
名称:どうぶつの森 ポケットキャンプ
対応機種:スマートフォン
ジャンル:シュミュレーション
価格:無料(アイテム課金)
開発元:Nintendo https://www.nintendo.co.jp/
リリース日:2017年11月下旬

どうぶつの森に関連する記事

どう森のスマホアプリ版、どうぶつの森 ポケットキャンプの最新情報をまとめています。課金要素や暮らしのシステム、時間連動機能、キャンピングカーカスタムなどが主な目玉ポイントとなります。『おねがいごと』など従来のシステムもしっかり搭載しているようです。
blog.endstart.net

スポンサーリンク

-記事をシェアする-

SNSフォローボタン

-ブログをフォローする-

関連する記事

関連する記事