Googleの新機種『Pixel2』は日本で発売されるのか?リーク情報まとめ

-記事をシェアする-

iPhoneのライバル機となるだろうと言われているGoogleのPixelですが、今年にその後継種となる『Pixel2』が発売される見込みです。日本ではまだPixel自体が販売されていませんが、Pixel2は国内販売の準備が整っているとの噂もあります。

今回は、日本での販売を間近に控えているPixel2のスペック情報、発売日、モデルなどを調べました。発表前に一度確認していただければと思います。

※追記:2017年10月4日の発表情報を追加しました。

スポンサーリンク

Google純正スマホ『Pixel2』はPixelの後継種

image: https://madeby.google.com/phone/

Google初の自社開発、販売スマホであるPixelは、2016年10月に世界へ向けて発売されました。主要先進国である6カ国(アメリカ、カナダ、インド、イギリス、オーストラリア、ドイツ)で発売されているにもかかわらず、日本向けにはまだ発売されていません。

5インチである無印と、5.5インチのXLの2モデルラインナップで構成されており、Androidは7.1を搭載、CPUはSnapdragon 821が積まれているハイエンドモデルでした。他にも、クラウドサービスであるGoogleフォトはPixel端末に限り、容量無制限で使用できる特典が付いていました。

Pixelシリーズはアップル社のiPhoneを意識しているような、比較的高性能よりなスペックですが、このようなハイスペックモデル寄りの構成、ラインナップがPixel2にも引き継がれるかと思います。

また、初代はPixelは価格が648ドル~と比較的買いやすい価格だったこともあり、アメリカをはじめ6カ国での売上は好調のようです。この流れにのって、1年後である2017年10月に『Pixel2』が発売される見込みとなっています。

登場するのは2モデル

image: https://madeby.google.com/phone/

今回登場するPixel2は、全機種Pixelと同じく、無印とXLの2モデル構成だと言われています。サイズ構成はまだ不明ですが、iPhoneのように大きいモデル、小さいモデルを用意しユーザーの用途にあったサイズが選択できるようにする見込みとのことです。

この流れはGoogleの共同開発機種である、Nexus5X、Nexus6Pの発売時期から続いているモノであり、Pixelでも同様のサイズ選択が可能だったことからほぼ確定だと言われています。しかし、筆者的には初代Pixelよりも、もう少しサイズの幅が広くなるのではないか?と考えています。

例えば4。8インチと5.6インチとか。大きい方は変わらないとしても、小さいほうは小型化する可能性があるのでは?と推測しています。これは、4.7インチであるiPhoneからのユーザー移行をスムーズにするためにという点で可能性があるのではないか?という意見です。

また、初代Pixelのサイズ違いによるスペック相違は、解像度(1920×1080 2560×1440)とバッテリー容量(2770 3450)のみです。今回のPixel2も同様の形態で発売されることが予想されます。

※XLに関しては一部で18.9のディスプレイが搭載される見込みがあると言われています。→ http://ggsoku.com/2017/06/alleged-pixel-xl-2-spec-revealed-on-gfxbench-database/

現時点でのPixel2スペック予測

image: https://madeby.google.com/phone/

Pixel2/Pixel2XLスペック表

Pixel2 Pixel2XL
OS Android8.0 Oreo Android8.0 Oreo   
CPU Snapdragon 836? Snapdragon 836?  
ディスプレイ 4.8~5インチ? 5.5インチ?  
解像度 1920×1080 以上  2560×1440 以上 
カメラ 12MP以上(大幅アップする)  12MP以上(大幅アップする) 
価格 初代Pixelより約50ドル増し  初代Pixelより約50ドル増し  
発表日  10月4日  10月4日 
その他  防水搭載?  イヤフォンジャック廃止  防水搭載? イヤフォンジャック廃止

OSはAndroid8.0が搭載される見込み

2017年8月に新AndroidOSである8.0 Oreoが発表、配信されたことから、搭載されるOSはAndroid8.0でほぼ確定でしょう。わずか2ヶ月で新OSが再び発表されることは考えにくいです。(但し、8.1や8.2などになる可能性はあります)

Android8.0 Oreoで追加された主な機能には、小窓表示で動画などを前面再生しつつ、別のアプリを全画面で起動できる「マルチタスク」機能や、今までポップアップ上部表示でしか確認できなかった通知がアプリアイコンから確認できる「通知ドット」などがあり、ユーザーの利便性が大幅に良くなっています。

他にも、バッググラウンドアプリのさらなる省電力化により(DOZEモードの改良版?)バッテリー持ちをさらに改善、処理の最適化によって起動速度が約2倍になるなど、内部的なプログラムにも改変が加えられているようです。

筆者的には、インストールしないでもアプリが使えるようになる「Android Instant Apps」がかなり楽しみです。友人とちょっとアプリで遊びたかったり、宴会の席でちょっとだけ笑わせたい場合にインストール不要でサクッと起動できるのは魅力的です。

採用CPUはSnapdragon836が有力か

この点に関しては様々な憶測が飛び交っていますが、基本的にはSnapdragonの未発表CPUである新CPUが搭載される可能性が高いとのことです。しかし、「そもそも836じゃなくて835」だとか「IntelCPUや独自CPUの可能性」などの噂もあり、現時点では不確定要素です。

初代Pixelが「Snapdragon821」を搭載していたことから、同じメーカーのCPUで開発するだろう・・。というのか素直な予測ですが、現段階ではまだ怪しい情報です。スナップドラゴンは820時代に「発熱問題」を抱えたこともあり、Nexus6pへの搭載時にも調整バージョンが搭載されていました。

また、近年のスナドラは大幅な成長がなく、スマホCPU開発の限界点(開発が難しくなる時期)に到達しかけているような気がするので、そろそろ別会社が横槍を入れてくるタイミングなのでは?とも考えています。

防水搭載 3.5mmジャック廃止

Pixel2では、従来搭載していたイヤホンジャックを廃止し、スピーカー&無線通信に音声送信を絞るとのことです。イヤホンジャック廃止はアップル社のiPhoneも実施したことから、今後のスマートフォンでも廃止される機会が増えるのではないでしょうか。

また、このイヤホンジャック廃止によって同時に囁かれているのが「防水機能搭載」です。こちらのリーク情報は比較的有力だと言うことです。ジャックを減らすことで防水への耐性を高めていると考えると、より信憑性が増しますね。

発表日は10月4日で確定か 今後の動向

image: https://madeby.google.com/phone/

9月15日、突如アメリカの街頭広告やYouTube動画などに、「従来のスマートフォンを変えたい?では10月4日まで待って」などというグーグル社の宣伝が掲載されました。これを見た各社がPixel2の発表日は10月4日だと報道しているのです。

とにかく10月4日まで待てば、Pixel2の何らかの情報は得られるでしょう。初代Pixelが10月発表→10月発売だったことを考えると、同様に2017年10月に発売される可能性が高いです。今後の動向に注目です。

追記:10月4日発表の内容

予定通り、10月4日の発表会にてPixel2、Pixel2XLが発表されました。気になるスペック情報などの特徴は以下のようになるようです。

・ディスプレイは5インチ(FHD)16:9、XLは6インチ(QHD+ 2560×1440)18:9に変更される。
・カラーはKinda Blue、Just Black、Clearly Whiteの3色展開(つまり青、黒、白)XLは黒、白
・CPUはスナップドラゴン835
・メモリ4GB、容量64、128GB
・防水搭載IP67
・イヤホンジャック廃止
・Pixel2 649ドル~、XL 849ドル~
・スマホ史上最高のカメラ機能
・日本発売は現状なし

特にカメラ機能は目玉のようであり、単眼ポートレート機能が搭載されているとのことです。iPhoneはポートレートを実現するのに2つのカメラを搭載しているので、これはなかなか凄い機能かもしれません。

スマートフォンに関連する記事

ホームアプリの比較、検証などを取り扱う記事です。カスタマイズ性の高いandroid端末のホーム(ランチャー)アプリを紹介します。比較的軽量なものから、機能盛り沢山なものまであるので、ゆっくりどうぞ。
blog.endstart.net

スポンサーリンク

-記事をシェアする-

SNSフォローボタン

-ブログをフォローする-

関連する記事

関連する記事