リネージュ2 レボリューションのレビュー|プレイして5分で変な声が出た

-シェアして頂けると嬉しいです-

2017年8月23日に配信開始された、ネットマーブルが運営する『リネージュ2レボリューション』を一通りプレイしたので、その詳細のレビューです。

他社のMMORPGを上回るグラフィック、PC版に負けない戦闘システムは圧巻の一言でした。以下実際のプレイ画面を含めた感想になります。

※リネージュ2レボリューションは、元々2003年にサービス開始された、PC用MMO『リネージュ2』をスマートフォン向けに移植、再調整したものです。

リネージュ2 レボリューション
開発元:Netmarble Games
価格:無料(アプリ内購入あり)(広告を含む)
平均評価:4.0(合計6,543件)
ダウンロード:5万回以上
(2017年8月24日時点)
googleplayappstore
※この記事は、全4ページ構成です。
1 プレイしてみた全体の感想とチュートリアル終了まで
2 その後の楽しみ方(2次クラス転職、個別ダンジョンなど)
3 機能紹介とインターフェース
4 システム全体(ガチャ確率、強いクラスなど)の考察
スポンサーリンク

プレイしてみた全体の感想

はじめに、プレイした全体の感想をザックリ紹介します。チュートリアルプレイのレビューや細かなインターフェイス、戦闘システムの解説等は次項に記載しています。

グラフィックが凄い綺麗

近年のスマホ向けMMOはどれもグラフィックが凄まじく向上している印象を受けますが、それでも今作のリネージュ2レボリューションには感動しました。

種族選択の画面から既に「ウホォッ!?」と変な声が出てしまった筆者ですが、それぐらい美しい画面がスマホ上に現れます。

実際のゲームプレイ画面です。スマートフォンなら雑でも仕方ないであろう影(シャドウ)の表現もしっかりと描写されています。

リアルタイムでレンダリングされるムービーも非常に美しく、スマホの発熱が不安になるぐらいの素晴らしい出来です。

自動クエスト遂行がメチャ便利

PC版を移植する際にネックになるところが、「スマホのタッチ操作でクエスト繰り返す(作業ゲー)の面倒くさい」ということです。

PC版ではお使いクエストも醍醐味と言われていましたが、スマホの操作性ではただの苦行となってしまいます。

今作では、その点が徹底的に簡単に、初心者でもとっつきやすいように調整されています。

まずはクエストを選択します。すると、目的地まで自動で移動してくれます。ここまではまぁわかる。

さらに、目的のモンスターを自動戦闘で規定数に達するまで狩ってくれます。そして完了すると再び移動を開始し、クエスト報告まで終わらせてくれます。

あまりにも便利すぎます。もはやクエストとは何なのか。見ているだけです。

※もちろん、高難易度のクエストは自分で戦闘したほうがうまくいくこともあるので、手動モードも選択できます。

人力での作業要素を極力少なくし、楽しみたいところだけ手動にできる。従来のMMOの敷居の高さを取っ払った印象を受けました。

人気すぎてお祭り騒ぎになっている

事前登録キャンペーンや有名人を起用したテレビCMなど、サービス開始前から広告宣伝に力を入れていたこともあり、人の数が凄いです。

筆者から見ると、10年ほど前のMMORPGというジャンルが流行っていた頃のような活気があるように見えます。

チャットやギルド募集も非常に盛んであり、攻略情報を永遠と話している人や、リアルの話をしている人、協力プレイを誘っている人まで様々です。

やはり全体チャットが賑わっていると、オンラインゲームをしている感があり、とても楽しいですね。野良パーティ募集なんて、懐かしすぎてウルッときました。

登録からチュートリアル終了まで

筆者は事前登録を済ませていたので、8月22日に開始された事前ダウンロードの案内が来ました。全てを済ませ、後日起動したところからのレビューです。

サーバー選択 OPムービー

サーバーは事前に選択していた「アデン」でプレイ。(のちにロイエンにキャラを作り直しました)見たところ混雑サーバーのようですね。

今回、ネットマーブルさんは大量にサーバーを用意しているようなので、空いているサーバー、賑わいのあるサーバー等、ユーザーが自由に選べそうです。

サーバーを選択、画面をタップするとOPムービーが流れます。見たところ3Dで動いているわけではなく、ただの内部動画再生のようです。

ボイスも付いており、全部日本語で喋ります。内容に関しては、軽いお伽話のような感じのストーリーが2分ほど続きます。

続いて第二ムービー、こちらはリアルタイムで3Dレンダリングされているようで、非常に美しい映像が流れます。とても綺麗ですが、ミドルスペックスマホではもうカクつきそうです。

メインストーリーが始まるまでの導入といった形です。しかし、有名声優がペラペラ喋っているMMORPGは何か違和感がありますね。

キャラクター作成

ムービーが一通り終わるとキャラクターの作成画面が現れます。4つの種族の中から1つを選んで進めます。

もう既にグラフィックが美しいので、ここで3分ほど、モデルをくるくるして遊んでしまいました。スマホもここまで来たのか・・、という印象です。

種族ごとに体力、魔力、攻撃、防御、クリティカル、回避等の数値(適正)が違うので、好みのものを選んでください。

※筆者がワールド内を見ている感じではヒューマンが多い印象です。先行配信されている海外版では、ダークエルフが人気のようです。

キャラクター名を登録すると、事前登録を済ませていた場合はコードの認証画面が表示されます。※事前登録時と同じ名前にします。

事前登録の際に入力したメールアドレスに認証コードが送付されているので、記載されている番号を入力します。

ゲーム開始 チュートリアル

ネーム登録を済ませると始まりの島に召喚されます。まずは管理人プシュケーに話しかけるように言われます。

左上に表示されているクエストをタップしてクエストを開始、移動します。

といっても、クエストをタップするだけで自動的に移動、話しかけをしてくれます。クエスト受注をしましょう。

何やらポーションやらゴールドやらが並んでいますね。懐かしのMMORPGの匂いがしてきました。

クエストの受注、移動、戦闘まで全部全自動でやってくれます。見てるだけでクエストが終わってしまう・・・。

数個のクエストを終える(見ているだけ)とあっけなくチュートリアルが終わります。そして謎のオーク部隊が襲撃するイベントが発生。

唐突に襲ってきたのでちょっとビビりました。やっぱりムービーが素晴らしく綺麗です。スマホの小さな画面じゃ勿体ない。

※この記事は、全4ページ構成です。

スポンサーリンク

-シェアして頂けると嬉しいです-

SNSフォローボタン

-ブログをフォローする-

関連する記事

関連する記事