iPhone7発売後に発覚した新たな問題点と改善点【評価】

-記事をシェアする-

iPhone7が発売されて数日が経ちました。世界各国にレビュー動画が上がりはじめ、中には結構ハードな検証をする動画も見受けられます。

今回は、発売後に実際にiPhone7を触ったり、試してみて新しく発見された問題部分や改善点を紹介します。

20160921-140818.jpg

スポンサーリンク

防水性能がGalaxyS7を超えた

IP67の防水性能を備えるiPhone7とIP68を備えるGalaxyS7を川に沈める動画がアップされました。どちらが最後まで保つか、という実験です。通常ならIP68のGalaxyS7のほうが防水性能が高いことになります。

IP67程度だと、深部5メートル程度が限界とされています。しかし、iPhone7もGalaxyS7も難なく突破、問題なく動いていました。

さらに9メートルまで沈めましたが、お互い再起動等はあるものの起動します。最終的に11メートル程度でGalaxyS7が起動しなくなりました。これでもかなり凄いのですが、iPhone7はまだ動いています。

画面に若干の浸水は見られるものの動作はするというものでした。公表されている耐水性よりはるかに高い耐久です。これは素晴らしい。素直に賞賛する部分でしょう。iPhone7を持って泳ぐ、水中で写真撮影ぐらいは楽勝にできそうです。

一方、この耐久テストで悔しい重いをしたのはGalaxyS7ですね。確かに公表値以上の耐水性を見せているので十分ではあるのですが、それより控えめのIP67であるiPhone7に負けたのは残念です。

剛体性が増している(発火、曲げ)

お次は発火や曲げのテストです。この動画ではカッターで擦ったり、ライターで炙ったり等の実験をしています。

液晶面のガラスは6sから特に変化がなかったようですが、注目すべき点は液晶面の耐火性と曲げ耐性です。

まず、液晶ガラス面は、ライターでしばらく炙ると黒く変色するのですが、しばらく放置しておくと徐々に元に戻るのです。そして、何事もなかったかのように使える。これはすごいですね。

そして曲げへの耐性も注目です。前回の6sでは比較的簡単に曲げられたイメージが強かったiPhoneですが、今回の7では、思いっきり力を入れると曲がりはするものの、液晶面にはヒビも入らず、それ以上は曲がらないようです。

さすがに脇に隙間ができるので防水性は無くなってしまいますが、曲がることへの耐性が強くなったことは確かなのではないでしょうか。

シャッター音が従来より大きくなった

photographer-16022_640.jpg

これはデメリットと捉える方が多いのでしょうか。従来のiPhoneと比べると明らかに シャッター音(スクリーンショットも同様)の音量が上がったようです。

これには理由があると思いますが、真っ先に思い浮かぶのは盗撮対策です。従来から対策により、音を消すことは不可能でしたが、今回はさらに強力に対策されたようです。

しかしこれはスクリーンショットでも鳴るもの。電車の中でスクショして大音量シャッターならすのは少し恥ずかしいです。中には変に疑われることもあるかもしれません。

このへんの音量バランスは難しいところですが、ユーザーの意見をみていると否定的な意見が多いようです。特に、日本のような電車の中では静かにする国ではより顕著に感じるでしょう。

番外編 シャッター音を消す裏技

iOS 10にアップグレードしたiPhoneには、シャッター音を無音にする方法があったことが話題になっています。
ascii.jp

消音化の手順(追加アプリ不要)

・「設定」アプリを開く
・「一般」→「アクセシビリティ」を開く
・「AssistiveTouch」をオンにする。
・ソフトウェアのボタンが現れるので、押す。
・メニューが出現。「最上位のメニューをカスタマイズ」を押す。
・メニューを消して1つだけ残す。
・残り一つの内容を「消音」にする。

アクセシビリティの設定によって、ソフトウェアキーの消音ボタンを画面上に配置する。それをタップすることにより、iPhoneまるごと消音にすることができるようです。

これによって、シャッター音、スクショ音共に無音化できます。これはiPhone5でも6でもできるようです。しかし、今後のアップデートで修正される可能性が大いにありますので、あまり将来性はありません。あくまでも現状の対策法です。

高付加時にノイズが乗る

これは一部のiPhoneユーザーによって報告されたものですが、アプリ起動時にスピーカーからホワイトノイズのようなもの(サーーーっというような音)が聞こえるという報告がありました。動画でも確認できます。

これは高負荷なアプリほど顕著になり、なんとも耳障りなんだそうです。たしかに筆者もこの音は苦手です。

また、コチラに関してはAppleに連絡すると交換してもらえるとの情報もありますので、運悪く出くわしてしまった方は一度アップルストアに持っていってみてください。しかし、現在は交換までに少々時間がかかるようです。

スポンサーリンク

-記事をシェアする-

SNSフォローボタン

-ブログをフォローする-

関連する記事

関連する記事