現時点でのiPhone7の最新情報をまとめた。【防水】

-記事をシェアする-

iPhone6sも世の中に行き渡りつつあり、季節は夏になりました。一方で、日本ではiPhoneSEがヒットして品薄との噂も耳にします。

毎年秋口に次世代iPhoneを発表しているAppleですが、今回はどうなのでしょうか。その最新情報や防水性能、予測情報を一覧にしてをまとめました。

20160724-141600.jpg

スポンサーリンク

発売日は2016年9月16日に決定か?

発表&発売は9月中旬

iphone-518101_640.jpg

リーク情報等で信頼のあるEvan Glassさんのツイート情報によると、9月の12日、もしくは9月の16日に何かがあるとの情報です。発売なのか、発表なのか気になるところです。

以下ツイート文引用

iPhone 2016 release: week of September 12th.

Just to clarify, this refers to the retail release, not the launch event. To be even more specific, it should happen on Friday, Sept. 16th.

過去のiPhone6やiPhone6sは発表から発売に2週間ほど期間がありました。今回もそのような形がとられるのだとすると、少なくとも8月中には発表、もしくは9月の中旬に発表して10月に発売というあたりが濃厚ではないでしょうか。

それにしても、毎回Appleは情報の発信をギリギリまでおさえてきますね。やはり意図があるのでしょうか。個人的には予算を準備する時間が欲しいところです。

毎年同じ時期に発表されている実績からも、今回のリーク情報はかなり信憑性があるといえるでしょう。

機能面の向上は?防水向上やイヤホンジャックが廃止

CPUはA9からA10へ

dasfSEFcSCF.jpg

機能面の向上点としては、まずiPhone6sに搭載されていたCPUであるA9プロセッサが、iPhone7ではA10プロセッサになるということでしょう。

Techtasticがリークした情報によると、ベチンチマークソフトであるGeekBench3でのスコアが、A9より約18パーセント向上しているようです。(A9は2519、A10は3000)これは、iPhone6のA8プロセッサと比べると約85パーセントの向上になります。

ちなみに、対抗馬とも言えるQualcommのSnapdragon820よりもスコアは上回っているようです。(スナドラは2500程度)

バッテリーの強化

Apple情報の有力な提供者である、スティーブ・ヘマーストファさんのTwitter情報によれば、iPhone7のバッテリーの容量はiPhone6Sに比べて約15パーセントほど上昇するとのことです。

iPhone6sは1715mAhなので、iPhone7は1960mAhになるとのことです。以下がそのツイッターの全文です。

以下ツイート引用

OnLeaks
@OnLeaks

Pretty reliable (not 100% but almost…) source told me #iPhone7 battery = 1960mAh (#iPhone6s = 1715mAh)

2016年7月13日 19:25

近年、バッテリーを大量に消費するアプリが増える一方で、バッテリー持ちの問題はユーザーの頭を悩ましています。これを考えれば、この容量増大は嬉しい機能向上ですね。

イヤフォンジャックが廃止

headphones-924779_640.jpg

これは最も噂されているiPhone7の最新情報といえます。Androidも含め全てのスマートフォンおいて必須とも言えた3.5mmステレオイヤフォンジャックが廃止になるというのです。

一部の情報ではライトニング端子に繋ぐことのできる3.5mm変換アダプタが付属するとの噂もありますが・・・。やはり基盤を薄く、小さくするためにはジャックは邪魔なのでしょうか。

確かに、近年bluetoothイヤホン、ヘッドホンの普及が徐々に進んでいるとはいえど、まだまだアナログジャックを使っている方がほとんどです。事実、電車内などの混線化では音飛びが発生したりと、bluetoothに悪い印象を覚える方も少なくないはずです。

内部ストレージ容量が最低32GBに

以前のiPhone6やiPhone6sではデフォルトで選択可能であった16GBが選択できなくなるようです。時代の変化や低コスト化の影響でしょうか。

確かに近年アプリも容量が大きくなる傾向にありますし、それに音楽、高画質ムービー、写真を加えるとなると、16GBでは足りないと考えるユーザーが増えてきたのでしょうか。

4K動画にもなると、その容量はHD画質に比べるとびっくりするほど大きいです。iPhoneは4K動画が取れることをテレビCMでもアピールしていますし、その分容量を確保することは必須なのかもしれません。そう考えると256GBモデルも登場するのでしょうか。

その他の情報

その他の噂されている機能面の向上や変化は、以下のものがあげられます。

おサイフケータイ機能が搭載されるかもしれない。
一眼レフ並みの高性能カメラモジュールが搭載されるかもしれない。
ホームボタンが感圧タッチになるかもしれない。
防水性能が向上する可能性がある。

本体画像がリーク、iPhone6との比較 新色の追加も?

本体の比較動画が公開された

20160724-131022.jpg

Nowhereelseからモックアップの情報が出たようです。デザイン自体にあまり変化は見られませんが、カメラデバイスがより高品質に進化しており、レンズ部分が少し大きくなっているようです。

そして、なによりの変更点は、やはりイヤフォンジャックの廃止ではないでしょうか。それにともなって、スピーカーの構成、品質は向上しているようです。

以下の動画からその精巧なモックアップを見ることができます。

サイズが少し小さくなる?

動画で見る形ではそれほど大きなサイズの変更はなさそうですが、中国SNSサイトの微博で公開されたiPhone6とiPhone7の比較画像によると、そうやらiPhone7のほうが少し小さくなるようです。これによって、同じケースは使えないかもしれません。

20160724-131941.jpg

6→6sは同じ保護ケース、カバーが使えたことを考えると少し残念ですが、5s→6時にもそれはあったことですし、仕方ないのかもしれません。新しいのを買いましょう。

カラーは2色に加えてスペースブラックが追加?

20160724-132425.jpg

どうやら新色が追加されるようです。ゴールド、ローズゴールドにくわえて、スペースブラックという色が追加されるようです。確かに黒系等は一定の需要がありますからね。出て当然と言えるのではないでしょうか。

以下でその詳細を見ることができます。

AppleWatchのブラックと比べると、少し薄いような気もしますが、あえて少し色を変えているのかもしれません。あまり新鮮な色という感じはしませんね。いっその事ブルーやレッドもでも出してくれないでしょうか・・・。

リーク情報のまとめ

全てのリーク情報を箇条書きにすると以下のようになります。

リーク情報一覧

・発売日は9月~10月あたりの可能性が高い

・CPUはA10が実装、イヤフォンジャックが廃止に、
・バッテリーが強化され、ストレージは32GBから。
・防水向上、おサイフケータイ、カメラ強化、ホームボタン変更。

・カラーは3色展開が有力情報
・サイズが少し小さくなるので前のケースは使えない。

※情報が集まり次第追加していきます

スポンサーリンク

-記事をシェアする-

SNSフォローボタン

-ブログをフォローする-

関連する記事

関連する記事