iPhone7新機能のメリットとデメリットを考える【売れるのか?】

-記事をシェアする-

iPhone7の発表と発売日が公開されて数日が経ちました。今回の目玉ポイントは何と言っても防水性能(IP67程度)とSuicaなどのおサイフケータイ(FeliCa)に似たシステムを搭載すること、そしてイヤホンジャックの廃止
です。

大きなメリットと大きなデメリットが混在する今回のiPhoneは面白い動きをしそうな予感がします。そんなiPhone7について掘り下げたいと思います。

20160910-200944.jpg

スポンサーリンク

実装、廃止された主要機能

防水、防塵耐性の追加

dsafefrg.jpg

防水への対応は歴代のiPhoneユーザーが最も望んだ機能なのではないでしょうか。事実、Xperiaなどは数年前の機種から防水に標準対応しており、このためだけにAndroidを選んだユーザーも多いはずです。

それほど水没への不安というものは日常生活に付き物です。トイレでうっかりinしてしまう女性ユーザーはかなり多いと聞きました。(筆者の友人でも何人かいます)それをビジネスにした水没復旧の修理店舗が大盛況しているほどです。

逆に言うと、そういう非公式修理をウリにしていた店舗は今後売上がガクっと下がることが予想されますね。水面にポチャッと落とした程度では壊れることはなくなるわけですから。

IP67相当ということは、水中に30分程度付けておいても何ら問題がない性能*ということです。(水中でブンブン振ったりしたらダメですよ!あくまでもそっと置いておける時間です。)

ということは、日常で起きる事象としては、豪雨にさらされるとか、濡れた手で触るとか、本体が汚れたから水で洗うとか、そのへんは全く問題ないわけです。これは素晴らしい。

こういうことがXperiaなどでは標準でできました。しかし、今後iPhoneでも同様に水でバシャバシャ洗えるようになるわけです。これは防水必須ユーザーには買い換える要因になりえるでしょう。

おサイフケータイと同様の機能が実装

fsdfsfsfa.jpg

実際にはApple payに組み込む形で対応させるそうですが、Suicaなどの電子マネーが使用できるようになるそうです。日本ではガラケー時代からあった馴染みのある機能です。Androidも標準搭載されていました。

しかし、今回のこの機能は日本独自の仕様のようで、海外版には搭載されないようです。やけに今回の新作iPhoneは日本に寄り添った機能実装ですね。実際発表会場でもSuicaのマークが表示されていましたが、これを見ていた海外勢はポカーンだったのではないでしょうか。

この辺の日本ユーザーライクな今回の機能実装には、筆者が以前書いた、iPhoneユーザーの偏りの話が関係していそうです。下記の記事をどうぞ。

スマホと言えば真っ先にiPhoneを思い浮かべるぐらい、Appleのスマートフォンは日本では一般的です。しかしこの状況は国内だけのものであり、世界規模で見るとAndroidのシェアは圧倒的なのです。今回はそのお話です。
blog.endstart.net

以前まではスマホカバーの下に電子マネーカードを挟んでいたユーザーも多かったのではないでしょうか。iPhone7からはその必要はなくなるわけです。スリムでスマートな決済ができるようになりますね。

※海外版のシムフリーiPhone7などを買うと当機能が実装されていないので要注意です。

イヤホンジャックの廃止

frrgergggg.jpg

これが上記2つのメリットを相殺してきそうなデメリットポイントです。6sより薄さが薄くなったわけではなく、同じ大きさなのに、イヤホンジャックだけ廃止されました。

これには、防水への配慮と、バッテリ領域増加、もしくは軽量化などの要因があるのかと思います。にしても有線接続がメインな日本ユーザーには痛い廃止項目です。

どこかの記事で見たのですが、アメリカのiPhoneユーザーは実に50%以上がbluetooth接続で音楽を聞いているのだそうです。このような状況を受けて廃止に踏み切った可能性はあります。

一方、日本ではまだ有線接続が圧倒的にシェアの大半を占めています。これには、bluetoothだとブチブチ切れてしまう、だとか、切れないものは高価で手が出しにくい、だとかが影響しているんだと思います。実際、bluetooth接続の安いイヤホンはよく切れるという意見を耳にします。

現状、iPodなどを持たずにiPhoneだけで音楽を聞くユーザーはかなり多いはずです。この状況でイヤホンジャックは廃止、付属の変換ケーブルで聞いてね。という状況はちょっとマズい気がします。

同時充電はできないし、何よりケーブルがめっちゃ脆そうです・・・・。断線問題が必ず出てくるでしょう。ただでさえ充電ケーブルでもすぐに断線すると不評なのですから。

結局、メリット・デメリットを踏まえて売れるのか?

20160910-200908.jpg

筆者は、日本で結構売れると予測しています。ただでさえ、水没修理、特別防水加工を担う業者が大儲けしている国ですからね。これらをカバーする機能はユーザーが絶対に求めているはずです。

そして、見た目が変わらないことも逆にメリットなのではないでしょうか。手に持つ大きさが変わらないことへの安心感と言いますか、5s→6へのときのような不満や不安などが出ないのではないでしょうか。さらに、ちょうど6を買った世代が2年経って7へ買い換える抜群のタイミングでもあります。

おサイフケータイと同等の機能の実装も日本国民には大いに受け入れられるのではないでしょうか。もはや首都圏の電車では大半の若者がタッチで改札を通っているように感じます。

イヤホンジャック廃止については賛否両論ありそうですが、先の2つの大きなメリット、付属の変換ケーブルを使えば一応使うことはできることから、このマイナス要素を踏まえても購入希望者は多いでしょう。

正直、Androidユーザーの筆者もちょっと欲しいです・・・。

この記事の続き

今回のiPhone7はかなり日本人に好まれる機能が満載の新機種となりました。中でもおサイフケータイ(FeliCa)は日本独自仕様という力の入れっぷりです。なぜここまで日本に寄り添ったのでしょうか。その理由を考えます。
blog.endstart.net

関連する記事

iPhone7を契約するとしたら、docomo,au,SoftBankの3社のどれが一番安いかを比較しています。実質負担金額に加えて、各種プラン料金を考えた毎月の合計金額での比較も載せました。
blog.endstart.net

スポンサーリンク

-記事をシェアする-

SNSフォローボタン

-ブログをフォローする-

関連する記事

関連する記事