スマホ『幻想神域 リンクオブハーツ』レビュー|圧倒的な可愛さに感激

-記事をシェアする-

スマホ向けMMORPGである『幻想神域 リンクオブハーツ』のプレイ感想です。元はPC向けのオンラインゲームとして登場したタイトルですが、2017年4月にスマートフォン向けに移植されました。

通常のMMORPGと異なる点としては、自分の分身とも呼べる『幻神』を呼び出して一緒に戦う・冒険することができる点です。今回はそのような幻想神域の魅力を解説します。

スポンサーリンク

美しく、そして可愛いMMORPG

フルアニメーションが美しい

プレイを初めてまず驚くのが『フルアニメーション』が数分流れることです。現代の社会人達が幻神と出会うイメージアニメがフルボイスで流れます。

これからオンラインゲームをプレイするモチベを高める意味合いもあるのでしょうが、正直めちゃめちテンション上がりました。このような演出は洋ゲーMMOにはないものなので非常に好印象です。

また、ゲーム途中でも頻繁にフル3Dのムービーが入りますし、中には別で制作されたであろう全編CGのアニメーションが入ることもあるので、プレイ中に『単調さ』を感じることはありませんでした。

キャラクターの可愛さ

筆者が一番推したい部分です。他のどのスマホMMOよりもキャラクターが可愛い。ダントツです。開発陣の思いが伝わる可愛さと言えます。

但し、男性キャラも少し可愛い路線になってしまうので、男気あふれるキャラクターを求めている方には少々不向きかもしれません。

操作キャラクターも男女選ぶことができ、それぞれに細かなキャラメイクが可能です。髪型、目、色などどれも可愛いので非常に迷いました。

そして、自分で作ったキャラクターがムービー中にちゃんと動くんです。可愛らしい仕草をするのはもちろん、周りのNPCと共に戦う掛け合いもアツイです。

幻神は最高のパートナー

ここも推したいポイント。通常のMMORPGであれば、同行キャラクターと言えば戦ったり乗ったりできるペットなどが定番ですが、幻想神域では『幻神』と呼ばれるシステムがあります。

レベル10ぐらいになる頃のメインストーリーで初めての幻神が覚醒するのですが、初期入手の幻神でもめちゃめちゃ愛くるしいです。『これ皆貰っていいの?』と声が出ます。

そして当たり前のようにフルボイス。人気声優が一緒に戦ってくれます。これから入手するであろう50種を越える幻神も全てフルボイスのようです。

これだけでも十分なのですが、幻神はNPCとの会話中や、カットインムービー中などにも登場し、イベントを盛り上げてくれます。タイトルになっているだけあって物語に深く関わるシステムですね。

さらに『幻神との触れ合いモード』なるものが存在し、お気に入りの幻神を撫でたり、強化したりする機能があります。シュミュレーションゲームとしても成立しそうな勢いです。

『幻神』はメインストーリーでの入手の他にクエスト報酬、ログインボーナス。ガチャでも入手することが可能です。かなりの数があるのでコンプリートは大変です・・。

戦闘以外も楽しめる 充実の生活システム

釣り

幻想神域 Link of Heartsは戦闘以外のシステムにも力が入っています。その代表とも言えるのが釣りシステムです。

レベル21ぐらいになる頃のメインストーリーで開放される『釣り』はマップ選択制で、希望したマップに侵入することで釣りフィールドに移動します。

好きな水面に仕掛けを投げ入れることで釣りスタート。専用の釣りバトルモードに移行します。レバーをうまく調整して魚を釣り上げます。

時間によって『ぬし』が出現するなど、演出も凝っているので楽しく遊べました。

料理

エディアネル神殿クリアで開放される生活要素『料理』です。こちらも専用画面のあるシステムが採用されています。

基本的には『落ち物ゲー』であり、鍋に続々と落ちてくる素材の『必要ないもの』をタップして消していくゲームです。うまく消せば消すほど完成した料理の品質が上がります。

料理は実際に食べることができ、時間制限付きでキャラクターの能力を上げることができます。よくあるバフ効果というやつですね。

料理を作れば作るほど熟練度が増し、食材の落ちるスピードが下がるので、やればやるほど伸びるゲームといえるでしょう。

カードバトル

クエスト『起源のキューブ』クリア後に開放されるミニゲームです。5枚のカードでデッキを作り、相手とバトルすることができます。

基本的には相手のHPをゼロにすれば勝ちなのですが、カードは攻撃を自動で行うので、『スキル』の発動タイミングに気をつけてプレイすれば勝てます。

よくあるターン制のゲームではないので注意です。ランキング報酬などもかなり豪華ですし、カードの種類も100種以上あるので、こればっかりプレイしてしまう人は多いかもしれません。

カードはダンジョン攻略やガチャでも入手することができます。

メインストーリーの魅力

序盤のあらすじ

主人公は小さな漁村に済むしたっぱの作業員。ある悪夢で目を覚ますのですが、ここから幻神に関連した物語に首を突っ込むことになります。

悪夢の後、体の異変に気づいた主人公は村の魔法師などを訪ねます。同じような異変を感じている村人がいたとの情報を聞くのですが、中々見つかりません。

そんな中、女神ガイアの援助もあり、『幻神』と呼ばれる謎の力が覚醒してしまった主人公。しかし幻神を村の人々が怖がってしまいます。

微妙な空気の中、ついに自分と同じ『幻神』を宿した村人を発見、しかし村人は欲望のあまり幻神に飲まれて心を奪われた状態でした。

幻神の力を使い、魔物と化した村人を討伐した主人公でしたが『あいつも魔物になるかもしれない』と村人に恐れられてしまいます。

自分自身も、魔物になるかもしれない恐怖を抱えた主人公は、幻神と自身を分離する手段を探すべく、村から出ることを決意します。

普通に面白いストーリー

上記が大まかな序盤のあらすじですが、よくある雑なMMOのストーリーと違い、主人公の目的や旅立ちの意味がハッキリしているので、その後の展開が気になる構成になっています。

女神ガイアとのやりとりで『この世界を救って』的なことも言われていますので、最終的には王道ストーリーになるのでしょうが、謎の力の真相を追う序盤はワクワクが止まりませんでした。

力の真相を追うという点では『黒い砂漠』に近い印象を受けましたが、あちらもストーリーは非常に面白いので、期待できる流れと言えるでしょう。

総評

如何だったでしょうか。このゲームはPC版が長く運営されていることもあり、ゲームバランスがほどよく調整されている印象を受けました。

スマホにおける、手間の改善や操作性向上のためにオートモードを搭載していたり、UI調整がなされている点も高評価です。

グラフィック面においても、スマホMMO界ではハイクラスの位置づけと言えるレベルですので、クオリティ重視のプレイヤーでも十分満足できるでしょう。

筆者はバハムートサーバでプレイしていますので、もし出会う機会があったら一緒に狩りにでも行きましょう。ご閲覧ありがとうございました。

幻想神域 -Link of Hearts-
価格:無料(アプリ内購入あり)
平均評価:4.0(合計3,598件)
ダウンロード:10万回以上
(2017年11月13日時点)
スポンサーリンク

-記事をシェアする-

SNSフォローボタン

-ブログをフォローする-

関連する記事

関連する記事