Android 7.0 Nougatで搭載される主な新機能を解説する

-シェアして頂けると嬉しいです-

世間では、Nexus以外のスマートフォンにもAndroid6のアップデートが着実に進んでいるようですが、そんな中、もうAndroid7の配信が一部でスタートし、新機能が公開されているようです。

今回はAndroid 7.0 Nougatで搭載される主な新機能を解説していきます。

android-994910_640.jpg

スポンサーリンク

画面をマルチウィンドウ化できるように

dfsfrgegerg.jpg

これが一番の進化といってもいいかもしれません。一時期のGalaxynoteシリーズにも似たような機能が搭載されていたような気がしますが、今回は正式にOS単位での採用です。

機能としては、画面を二分割できる、というものです。縦画面での2分割も、横画面での2分割も可能です。アプリ履歴の画面からON/OFFを切り替えることが出来ます。

これで、調べ物しながらゲームしたり、地図を見ながらポケモンGOしたりできますね。LINEしながらTwitterとかどうでしょうか。究極のSNS魔神になれます。

この、マルチウィンドウ化はかなりの便利機能となりそうです。特にWindowsなどのウィンドウ単位での操作に慣れている人には同時画面は馴染みやすいでしょう。筆者も待ち望んだ機能です。

また、画面の幅も自由に変更可能であり、上を小さく、下を大きく、といった操作が可能です。ゲームプレイの録画時などには、上でタイマーを設置したりすると便利かもしれません。無限の可能性を秘めていますね。

データセーバー機能(通信節約)

Android-7.0-Nougat-review-Data-Saver-840x747.jpg

スマートフォンというものは、スリープ状態でも、バックグラウンドでも通信をしているものです。要はこの通信をWi-Fi接続時以外は完全にシャットアウトしてしまう機能です。昔からアプリなどでこのシステムはあったのですが、イマイチ使い勝手が悪かったのです。

今回はこの追伸制御が標準で実装されるようですが、この機能は最近広がりつつあるデータパックの小容量プランを使っているユーザーに大いに貢献するでしょう。

特に通信を必要としていない状態のときに何もしてなくても(電源を切ったりしなくても)自動でオフにしてくれるわけです。更に、普段の通信時でも極力通信量を抑える努力をしてくれる機能もあるみたいです。

要はデータ通信量をギュッと濃縮して効率化するような機能ですね。日々速度制限に悩んでいるユーザーには嬉しい機能です。

アプリ履歴の関連機能が拡充

twitter-292994_640.jpg

まず一番の昨日はオールタスクキルです。全てのアプリ履歴を一括で削除する機能がついに標準で実装されました。これはありがたい。

Xperiaなど一部の端末では実装されていたこの機能ですが、OS単位で実装されることは今回がはじめてです。ちょっとの手間ですが、履歴がスッキリしていないと気がすまないような筆者にはこのボタンがすごーく有り難いのです。

まぁ見た目がXperiaのそれとまんまなのですがね・・・。もしかしたら既に機能は内部に入ってたのかな?

もう一つはアプリ履歴に表示されるアプリカード自体がデカくなりました*。コレに関してはちょっとした変更点ですが、サイズがでかくなったことによって、片手操作で親指が届かない・・・。というユーザーにも優しくなったかもしれません。ちなみに筆者はBackボタンが左側にあるシステムが非常に不満です。(親指で押せない)

システムUI調整ツールが進化

Screenshot_20160923-185826.jpg

これも面白い変更点です。画面の表示を昼と夜で使い分けるナイトモードが追加されました。車のカーナビでよくあるアレに似た機能です。夜になるとなんか画面がブラックになります。かっこいいです。

言ってみればそれだけなんですが、夜用に見やすい画面にすることを目指しているようです。また、画面が明るすぎる場合にちょっと黄色っぽくして明るさを抑えたりする機能があるようです。

もう一つが画面のカラーバランス調整機能です。RGBの3つのバーを調整して色合いを変えることができます。

これは筆者視点でみると非常にありがたい機能です。PCモニターやノートPCなど、一つ一つ画面にも癖があり、青みがかっていたり、黄色っぽかかったりすると思います。それがとても気になるので私は毎回Displayソフトで調節します。かなーり時間を掛けます。

それが今回スマホでも標準でできるようになるのはめちゃめちゃ嬉しいです。自分の好みのディプレイ色がありますからね。ここはAndroidカスタマイザーとしては調節したい部分です。

総評

wefgrthgefdaws.jpg

今回はUI面の変更が大きく見えるようです。上記で紹介した以外にも通知領域の表示変更などが見られます。全体的により使いやすいように操作性を改善した形みたいですね。

新機能と呼べるようなシステムはあまりないような気がします。ナイトモードやデーターセーバー、色合い変更機能あたりでしょうか。

逆に考えると、現在のUIに不満がない方や、新機能に魅力を感じない方は無理にアップデートをする必要がないのでは?とも考えられてしまいます。筆者も、「あれ、アップデートしなくてもいいかなあ?」と思ってしまいました。

Android6.0の時はバッテリーを大幅節約するDOZEモードなどの魅力的な機能があったのでめちゃテンション上がった気がしますが、今回はそのようなイメージがあんまりないです。しいていうなら色調節ぐらい。

上記のようなアップデートなので、アプデ通知が気にならない方は正式版が来ても無理にアップデートしなくてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

-シェアして頂けると嬉しいです-

SNSフォローボタン

-ブログをフォローする-

関連する記事

関連する記事