ブログのアクセス数を劇的に増やす!その2 ブロガー相談編

-シェアして頂けると嬉しいです-

※この記事は、ブログのアクセス数を劇的に増やす!2ヶ月で月間10万PVにした15の技 http://blog.endstart.net/article/access-up.html の続編になります。

前回の記事にて、悩めるブロガーから筆者の元へとある一通のメールが届きました。内容は、「1年以上頑張っているし、工夫もしているけど一向にアクセスが伸びません。一度見てもらえないでしょうか。」というものでした。

このブログサイトを拝見することで、筆者自身も気付くことがたくさんありました。今回は、前回の記事では紹介できていなかったポイントを実際の例を参考に追加解説します。

soudann1.jpg

スポンサーリンク

事例その1 広告を掲載しすぎている

koukoku.jpg

これ、もしかしたら結構ありがちなパターンなのかもしれません。筆者は前回の記事では触れなかったポイントですが、ありとあらゆるところに記事内容と関係のない広告を記載しすぎてるパターンです。

ブログ内で紹介したパーツなどのリンクであれば良いと思いますが、自動で切り替わるようなランダム要素のあるものは、多くの場合は記事と関係のない邪魔な内容になります。

これが多いのは非常によろしくないです。少しでも稼げるようにたくさん掲載したい気持ちはわからないでもないですが、ユーザーが不快に思わないように努力することも大切です。結局は見てくれているユーザーが良いと思った記事が最終的に伸びるのです。

極端な話ですが、ブログ全体のアクセス数が伸びるまで、(もしくは何らかの記事の検索順位が上位になるまで)広告は貼らなくてもいいのではないか?と考えています。伸びたあとは、それぐらいのレベルの誤差です。貼らないで、読者に満足してもらったほうがいいです。

また、メールで助けを求めてくれたブロガー様のブログ内容を見ている限りでは、この「広告の貼りすぎ問題」で意図的に順位を下げられてるのかな?と感じたほどです。内容自体はそこまで悪くないのです。

全体を通して言えることですが、読者が不快に思うページ構成はなるべく避けるように努力する、ということです。

事例その2 一つの段落が長すぎる

mozisuuu.jpg

これは筆者も反省しなければいけないポイントです。文章をたくさん書くことは、読者の長時間滞在に繋がるのでいい事だとは思うのですが、一つの段落が長すぎるのは逆に滞在時間を短くしてしまう可能性があります。

これ、記事執筆者の側だと気づきにくいのですが、読者の側だと、長い文はめちゃくちゃ見づらいし、読むのをやめて飛ばしてしまいます。これがスマホだともっとシビア。改行されるので、行数がおそろしく増えてしまいます。

これは大変まずいことです。文章自体は一生懸命時間をかけて書いているのに、それを読んでくれるユーザーをたくさん逃してしまっているのです。ユーザーの滞在時間を増やすことは、最終的に記事の順位を上げることに繋がるので、意識する必要があります。

具体的な行数を、というと難しいのですが、現状ではiPhone6(もしくは同じディスプレイ表示倍率のスマホ)でブログを見て、見やすいと感じる行数といえばいいでしょうか。

スマホでの検索流入が大半を占めている今、この表示倍率を基準に記事の行数を決めると良いでしょう。iPhone6、7等がない場合は、下記のサイトでそれっぽい表示をさせることが可能です。

とはいっても、この部分は筆者も日々試行錯誤をしている項目です。現状の書き方でも、スマホで見れば見づらいなぁ・・・と感じています。もっと短くしてもいいかな、と考えている最中です。

事例その3 記事タイトルはめちゃくちゃ重要

taitoruu.jpg

これは前回にも少し取り上げた部分なのですが、より細かく解説します。まず、記事タイトルは無理にでも検索されたいワードを入れるべきです。そして、できれば前に持ってきてほしいです。

現状の検索システムでは、記事タイトルを重要視することが非常に多いです。(例外もあります)検索したい単語を含んでいる記事タイトルのページがヒットしやすいわけです。

例えば山登りに必要なアイテムを紹介する記事を書いたとしましょう。どんなタイトルにするでしょうか。「山登りに必要なアイテムを紹介する。」こんなタイトルではだめです。

「山登りに適した服装とは?靴などの必須道具(持ち物)も解説。」これぐらいは書くべきです。この書き方にしたのは理由があります。

まず、必須キーワードとも言える山登りは一番はじめに配置します。ここは大丈夫かと思います。次に重要なのが「服装」と、「靴」いうワードです。これは山登りの検索において追加で検索することの多いワードです。

これを強引に入れ込みます。タイトルによって記事の内容にも変化を加えていいぐらいです。人々が多く検索しているワードに注目することが重要です。

これについては前述の相談者様にも返信したことなのですが、多くのブログサイトでは、まったく検索されないワードでタイトルを作っていることがしばしばあります。これでは、記事の内容がどれだけ素晴らしくても、辿り着く人がいません。

タイトルが検索にヒットすることで、多くの読者が増えます。中にはタイトル関係ないヒットする記事も稀にありますが、多くの場合はタイトルがヒットしているでしょう。読者を呼び込むためにもタイトルは意識して書いてください。

なお、検索者が多いワードなどは、前回の記事に書いたキーワードプランナーにてある程度調べることが可能です。

自分なら勝てる!と思う記事で勝負する

kateru.jpg

自分が書きたいことを書いている人にしても、読者を狙って書いている人にしても、まずはライバルを意識してみましょう。ここで言うライバルとは、検索上位にいるサイトです。

まずは、自分が書こうとしている記事で検索されるであろうキーワードを実際に検索してみることをおすすめします。そうすると、同じ内容を書いているサイトがでてくるはずです。

上位表示のサイトを見てみましょう。大抵の場合は記事内容がとても見やすかったり、膨大な情報量だったりするはずです。貴方はこれより有益で、長く見てもらえる記事を書けますか?まずここが第一関門です。

上位表示の数サイトより有益な記事を書ける自信がない場合は、手を引くのも賢い選択です。もっと勝てるワードで記事を書いて時間を大切にしましょう。戦略的撤退です。

もし、上位表示のサイトがショボい(言い方悪いですが・・)場合はチャンスです。自分の記事が上に記載される可能性が残っています。ここをうまく見つけるのが個人ブロガーの腕の見せ所かもしれません。

ですが、ここで注意してほしい点が一つあります。明らかに有益で、たくさん見てもらえるような記事を書いても、全てが報われるわけではないと言う点です。

筆者も、絶対に勝てる!という自身があっても実際に上位表示されるのは30%ぐらいでしょうか・・・。あるいはもっと少ないです。

しかし、勝てる!と確信して書いたのと、そうでないものとはやはり上表示率が圧倒的に違います。やはり、事前リサーチして、記事内容を頑張って書くことに意味はあるということです。

まとめ

mannzokuu.jpg

全ての工夫において言えることは、読者視点に立って、見てよかったと思える記事にすることです。同じキーワードでヒットする、他の記事より役に立つことはとても重要です。

そのためにはタイトルキーワードをちゃんと考えて、読者が何を検索してたどり着くかを考える必要があります。そして、辿り着いたユーザーがちゃんと最後まで見てくれる工夫をしましょう。

ユーザーが満足するサイトであるならば、おのずとアクセスは伸びてくるはずです。その点は信じましょう。筆者サイトも決してアクセス数が多いとは言えませんが、伸びないならば一緒に考えましょう。日々試行錯誤です。

スポンサーリンク

-シェアして頂けると嬉しいです-

SNSフォローボタン

-ブログをフォローする-

関連する記事

関連する記事