【レビュー】世界最小?13インチノート DELL New XPS 13を触ってきた。

-シェアして頂けると嬉しいです-

極薄ベセルで世にお披露目された、デル社のNew XPS 13 です。見た目もスタイリッシュでCorei7モデルもカスタマイズ可能。

筆者も気にはなっていたのですが、今回触る機会がありましたので感想です。

スポンサーリンク

13.3インチ 極薄 ハイスペックPCの性能は?

IMG_20160422_144401.jpg

昨年末に発売された、XPS 13、その詳細スペックは以下のとおりです。

CPU:Core i5-6200U(2.30/2.80GHz)とCore i7-6500U(2.50/3.10GHz)を選択可能
メモリ:4GBと8GBを選べる
ストレージ:128GB or 256GB SSD
GPU:Intel HD Graphics 520
ディスプレイ:13.3型ディスプレイ ※1,920×1,080か3,200×1,800+タッチパネルを選べる。
インターフェース:Thunderbolt 3/USB 3.1 Type-C USB 3.0 ヘッドセット端子 SDカード
OS:Microsoft Windows 10 Home
サイズ:304×200×15mm
重量:約1.29kg
価格:144,980円~184,980円

CPUは文句なしの最新ノートPCの性能です。Intel Core i7も選べます。メモリも最低でも4GBと申し分なし。十分なスペックです。

SSDも256GBを積めるので、容量には困らなさそうです。GPUはCPU内臓のオンボードです。これは薄型ノートでは仕方ないでしょう。

インターフェースもかなり充実しています。なかでも 3.1 type-c 対応は将来的には必須になってくるはずです。

ディスプレイは、なんとタッチパネル有り無しを選べます。カスタマイズ性抜群です。
サイズは、A4よりちょっと大きめです。しかし13.3型と考えると本当に小さいです。

実際に触ってきました。薄いし小さい!

IMG_20160422_144401a.jpg

まず、何と言っても本当に薄い!最薄部で15mmしかありません。閉じた時にですよ!本当に薄いです。
もちろん、メーカーが推してるベゼルの薄さも目立ちます。このインチ帯でこの薄さは見たことがないです。

その分、薄さから考えると、1.29kgの重さが少し重たく感じてしまいました。薄いし小さいので、余計に密度が高く、重いのかもしれません。
しかし、一般的なノートPCとしては一般的なレベルなので、実使用には問題無いです。

続いてデザインですが、ものすごい高級感が漂っています。
天板のアルミニウム合金が洗礼された雰囲気を漂わせています。パームレスト面はカーボンファイバー素材を採用しているようです。

操作感としては、キーピッチも問題なく、タッチパッドもものすごくレスポンスが良かったです。
筆者が現在使っている格安ノートPCのレスポンスとは明らかに違いました・・・。

液晶面も、ノングレアで写り込みもなく、いかなる場所でも視認性が良さそうでした。
やはりベゼルが薄く、画面が大きく取られているので、空間に浮いている画面を見ているような感覚でした。

本当に薄いので、壊してしまわないか心配になります。
お値段も、最低構成で15万切るぐらいです。こちらは安いとは思いませんでしたが、
最高構成で、19万を切るのはお得だと思います。これは安いのではないでしょうか?

様々な構成のモデルが選択可能なので、ユーザーの使用用途に合わせたモデル選択ができるのではないでしょうか。
デザイン面もスペック面でもお勧めな1台です。

スポンサーリンク

-シェアして頂けると嬉しいです-

SNSフォローボタン

-ブログをフォローする-

関連する記事

関連する記事