PlayStation VRは10月発売で44980円?気になるセット内容や動向など

-シェアして頂けると嬉しいです-

今年の10月に発売が予定されている、SONYのPSVRの最新情報です。
スペックや概要の詳細を記載しています。

スポンサーリンク

PlayStationVRのスペックと概要

Sony PlayStation VR ( Import - EU. )

筆者はVR(virtual reality)のスマホゲームを作るぐらいVRにワクワクしているガジェオタ兼ゲーム好きです。

今回は、ついに発売日が公開されたPSVRについて調べました。
まずはスペックをどうぞ。

ディスプレイ: 有機EL搭載 (OLED)
解像度: 1920×1080(960×1080×両目)
視野角:約100度
リフレッシュレート:120Hz
トラッキング: 360度 ヘッドトラッキング
センサー: 加速度センサー、ジャイロセンサー 位置センサー
コントローラ:  PS4コントローラー, PSムーヴ
音響:3Dサラウンド
接続: HDMI, USB, AUX イヤホン付属?

現時点で判明しているのはこの辺りです。
次の項で詳細を解説します。

スペックの詳細を考察する

まず、ディスプレイですが、フルHDを片目半分ずつ見るようになるようです。この点は、Oculus RiftやHTC Viveの2160×1200と比べると少し劣るようです。

しかし、リフレッシュレートは120Hz対応と、他の2機種の90Hzに比べて優位に立ちます。酔いなどは少なくなるのではないでしょうか。

また、あえてフルHDにおさえてあることで、処理の軽量化に繋がり、高Fpsを維持できるとも言えます。

次に、センサーですが、加速度とジャイロは当然として、PS4のカメラ周辺機器を使用した、位置センサーにも対応しています。これはOculusに標準ではない部分でしょう。顔のスライド動きなどはこれで対応するのではないかと思います。

コントローラは、PS4標準のものに加えて、ムーヴにも対応。なお、画面上でも、ちゃんと持っている手が仮想のコントローラと共に現れるようです。

参考動画↓
The Playroom VR Gameplay trailer PlayStation VR

音響は3Dサラウンド対応、接続は、機器を介してHDMIのようです。

気になる価格と発売日は?PSVRでできること。

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2015-06-29)
売り上げランキング: 10

まず、発売日は2016年10月と発表されたようです。SONYのことですから、伸びる可能性は大いにありますが・・・・。延期しないことを祈りましょう。

価格は、日本では44980円になるようです。単品の価格でしょう。カメラ、ムーヴ、本体、PS4と揃えるとなると幾ら掛かるのでしょうかね・・・。

恐らくセットで販売があるとは思いますが、筆者は8万~9万ではないかなと予想しています。筆者は全部もってないのでセット買い狙いです。

しかし、ゲーム一式で8万て・・・・。高いようにい思います。
ですが、対抗馬のOculus Riftは、本体価格日本円で80000円もするんです。

さらに、起動をスムーズに行うためのPCスペックに、安くても15万はかかります。合計23万円と考えると、約3分の一のPSVRが可愛く見えてくる不思議・・・・・。

また、PSVRでは、付属の映像処理機器を使うことでPS4に付加をかけることなく、VRの映像出力が可能となっているようです。これにより、PSVR内でホームシアターを構築するといったことが可能になるようです。

つまり、ヴァーチャルシアター内で普通のPS4のゲームができるらしいです。
もちろん、映画やアニメのDVD、BD再生にも対応するようです。

狭い家で没頭できる大画面プレイ・・・。夢が広がりますね。

スポンサーリンク

-シェアして頂けると嬉しいです-

SNSフォローボタン

-ブログをフォローする-

関連する記事

関連する記事