E200HA(L200HA)でMinecraftは動くのか。その他ベンチマーク含む レビューその3

-記事をシェアする-

L200HAのレビューを引き続き行います。

メインはゲームのベンチマークになります。(Minecraft、モンスターハンターフロンティア)

スポンサーリンク

ベンチマークレビュー第二弾

IMG_20160414_160835.jpg

今回も、L200HA-FD0022Tのベンチマークをテストしていきたいと思います。

基本的にはE200HAと同じ機体です。その辺りは過去のレビューに記載しております。↓


今回テストしたのは、以下の2項目です。

マインクラフト最新バージョン(1.9.2)は快適にプレイできるか。

モンスターハンターフロンティア ベンチマーク結果

マインクラフトは、最新版をダウンロード、インストール後、javaも最新のものにアップデートした上でのレビューです。

モンスターハンターフロンティア ベンチマークは第3弾のものを使用しています。

マインクラフト編 動作と設定

20160414-142037.jpg

画像は、起動時のものです。(シングルプレイ)

起動には成功、動作も全く問題ありませんでした。

最高fpsは30に制限していますが、概ね良好です。(ウィンドウモード)

チャンク設定は5~8チャンク程度に表示設定を抑えておけば、ある程度快適にプレイできました。

20160414-142933.jpg

起動時のCPU、メモリ使用率です。

最低値は20~30ほどと、比較的余裕があります。

20160414-142950.jpg

一方、クリエイティブモードでの飛行時などは、90~100%使用するタイミングもあります。

この時はちょっとだけ重いです。

メモリは結構ギリギリですね。かなりの長時間プレイは少し厳しかもしれません。

20160414-142308.jpg

起動して、プレイしてみた感覚としては、GPU的には余裕があるが、CPUが少し足を引っ張っているような印象が見受けられました。

グラフィックはスムーズで快適です。全体的には十分プレイできる環境だと思います。

発売日当月に29800円のノートで3Dゲームができる時代がくるとは・・・。いい時代になりましたね。

モンスターハンターフロンティア ベンチマーク

20160414-171321.jpg

お次はモンスターハンターフロンティアのベンチマーク結果です。

フルスクリーンモードではキャプチャに失敗したので、画像はウィンドウモードでのベンチ結果です。

20160414-171654.jpg

まずは、通常のデフォルトモード 1280×720のモードです。

フルスクリーンでは1132でした。少しゲームをするには厳しいかな・・・という感じですね。

採取等はなんとか出来そうですが・・・・。

20160414-172121.jpg

こちらは最低画質 600×360でのベンチ結果です。

ある程度数字がでていますね。

最低画質であれば、狩りにもいけるのでないでしょうか。

ベンチマークソフトを眺めていましたが、概ねスムーズに動作しているように見受けられました。

追記:一ヶ月後のレビューを上げました。

今回は使用一ヶ月後の批評となります。バッテリ面や、ソフトウェア、液晶、外観などの再レビューです。 VivoBook L200HA-FD0022Tの評価をした以前の記事はこちらになります。※三部構成です。
blog.endstart.net