L200HA(E200HA)のレビューその2 ベンチマーク編 ドラクエ10やエクスペリエンスなど。

2016年04月03日
カテゴリ > レビュー

スポンサーリンク

新型CPU x5-z8300の性能は如何なものか。

IMG_20160403_181455.jpg

前回、各種項目別の評価をしましたが、今回はより詳細なベンチマーク編です。

まだ見てない方はその1からどうぞ。

ASUSから2016年の3月に発売された、VivoBook L200HA-FD0022Tの実機批評になります。 このモデルはサイズ11.6インチ、重量980gのコンパクトノートPCです。 佐川急便で先日やっと届いたので、早速レビューに入りたいと思います。 R209HAとの違いなどにも触れていますのでどうぞ。
blog.endstart.net

前モデルと言われているlnX205TAから変わったのが、CPUやUSB3.0です。

中でもCPUは、内臓のグラフィック性能が大幅に向上しているとのことなので、ベンチマークの結果に期待大です。

ディスクの読み込み等もチェックしていきましょう。

今回使用したものは、

・WinScoreShare

・CrystalDiskMark

・ドラゴンクエスト]ベンチマーク

の3つです。

スポンサーリンク

各種ベンチマークソフトの結果、3Dグラフィックスは?

□総合評価 Windows エクスペリエンスインデックス

20160403-170118.jpg

WinScoreShareを使用してます。

機体名に注目してください。

E200HAってはっきり出てるじゃん!笑 中身同じかよ!

これで中身同じことがほぼ確定ですね。どうやら付属品の違いだけみたいですね。個体差はないみたいです。

プロセッサのベンチが思ったより低いですね・・・。

過去のタブレット3台では(Z37xx)、5.9〜6.1ぐらいだったのですが、x5-z8300はそれより低いです。

処理速度は遅く感じることはないんですけどね。気分の問題かな?

期待大だったグラフィックスも微妙な評価です。(win10ではゲーム用グラフィックスは評価できません。)

これはまたのちほど別のゲームベンチを載せます。

メモリはまあまあ、2GBではこんなもんですかね。

ディスクemmcですし、速いので優秀です。

□書き込み、読み込み速度

20160403-162312.jpg

CrystalDiskMark5_1_2を使用しています。

シーケンシャルリード値は162.1。まずまずではないでしょうか。eMMcとしては高速な部類に入るのでは。

シーケンシャルライト値もマルチで107.7。3桁あれば満足です。

実際の使用の体感ではもたつきは感じません。

ランダムリード、ライトも共に極端に低いということはないかと思います。

20160403-163232.jpg

驚いたのはMicroSDのベンチです。

過去3台のz37xx系列のタブレットを所有していましたが、どれも、内蔵コントローラの影響(おそらく)で速度がでませんでした。

どれだけ高速なSDを突っ込んっでも、シーケンシャルリード値が25ぐらいが最高でした。

ずっと同じSD使っていますが、今回はシーケンシャルリード値78.85出てます。以前のタブレットと比べると爆速です。大満足です。

恐らくSDのほうの限界速度なので、より優秀なものに交換すれば、まだ速度出るような気がします。

SDにゲーム突っ込んでプレイするのストレスMAXだったのでこれは本当に嬉しいです。

□ドラゴンクエスト10ベンチマーク

20160403-173359.jpg

スクウェア・エニックス公式のベンチマークソフトです。

まずは、最低品質である、低品質、640×480、フルスクリーンで計測。

動作は概ねスムーズでした。

結果は、3436。スライムが出迎えてくれました。

これはかなりの良結果ではないでしょうか。Z3735Fタブレットは2,000前後だった気がします。

おおよそ1.75倍。大幅なスペックアップではないでしょうか。x5-z8300恐るべし。

20160403-174252.jpg

続いて、標準である、標準品質、1280x720、フルスクリーンで計測。

少々重い感じがするが、動いているという感じです。

結果は2,010、やや重いでした。ゴーレムさん。

Z3735F系のPCは同設定だと、800〜1200ぐらいのスコアのはずなので、2倍程度はスコアが伸びているかと思います。

重い処理のほうが数値に差がでるのかもしれません。

いずれにせよ、3Dグラフィック性能は確実にスペックアップしています!

これは嬉しいです。簡単な3Dゲームならノンストレスでプレイできそうですね。

総評、CPUが伸び悩むが、グラフィック性能の向上は本当だった!

CPUは残念ながら、Z3735Fなどと大きな変化はなかったです。

しかしグラフィック面に大幅な向上が見受けられました。(ドラクエ10しか試してませんが・・)

3Dゲーム用途にも使えるPCになったのではないでしょうか。

私の場合はMinecraftをプレイするので、この向上は非常にありがたいです。ノートPCにならその辺の外出時にもできますし。

またMinecraftの使用感もレビューできればと思います。

追記:レビューその3上げました。

L200HAのレビューを引き続き行います。 メインはゲームのベンチマークになります。(Minecraft、モンスターハンターフロンティア) ベンチマークレビュー第二弾
blog.endstart.net


スポンサーリンク

−記事をシェアする−

このブログでは、こんな記事も読まれています:
今週の人気記事:
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436146697
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック